サービス終了のお知らせ
櫻の樹の下には
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
櫻の樹の下には』(さくらのきのしたには)は、梶井基次郎短編小説掌編小説)。散文詩と見なされることもある。満開のかげろうの美のうちに屍体というを透視し、惨劇を想像するというデカダンス心理が、話者の「俺」が聞き手の「お前」に語りかけるという物語的手法で描かれている[1][2]。近代文学に新たな桜観をもたらした作品でもあり、「桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!」という衝撃的な冒頭文は有名である[3][4][6]
目次
1.発表経過
2.あらすじ
3.削除された最終断章
4.作品背景
├4.1.湯ヶ島滞在
└4.2.帰京後
5.作品評価・研究
6.参考
7.おもな収録本
└7.1.アンソロジー収録
8.脚注
├8.1.注釈
└8.2.出典
9.参考文献
10.関連項目
11.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/10/04 19:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant