サービス終了のお知らせ
労働社会主義インターナショナル
▼人気記事ランキング
概要
労働社会主義インターナショナル英語: Labour and Socialist International (LSI) ドイツ語: Sozialistische Arbeiter-Internationale, SAI 。ドイツ語から 社会主義労働者インターナショナル とされる場合もある)は、かつて存在した社会主義社会民主主義政党労働党による国際組織戦間期1923年から1940年にかけて活動した。第一次世界大戦に際して崩壊した第二インターナショナルを引き継ぐ組織であり、現在まで続く社会主義インターナショナルの先駆となる組織でもある。

活動[編集]

1923年ツィンマーヴァルト運動を継承する国際社会党委員会International Socialist Commission、いわゆる「ベルン・インターナショナル」)と、オーストリア・マルクス主義派を中心とする国際社会党行動同盟(International Working Union of Socialist Parties、いわゆる「ウィーン・インターナショナル」または「第二半インターナショナル」)が合流して結成された[1][2]

主にヨーロッパにおいて、共産主義者の国際組織である第三インターナショナルコミンテルン)と激しい勢力争いを繰り広げた[3]が、中央集権的な組織機構は持っていなかった[4]。一般にはロシア革命十月革命)以降、共産主義への移行を拒否した社会民主主義者が第二インターナショナルを再建した組織とみられており[5]、インターの内部ではドイツ社会民主党の影響力が非常に強かった[6]

国家社会主義ドイツ労働者党の台頭を前に1933年、ドイツにおいて共産党との共闘を呼びかけたが失敗し、アドルフ・ヒトラー権力掌握を許す。その後、部分的な統一戦線の試みがなされることもあったが、大きな成果にはなっていない。一般に南ヨーロッパ諸国では統一戦線が形成される傾向にあり、イギリススカンディナヴィア諸国では拒絶される傾向にあった。後の人民戦線においても、大きな成果を上げたのはフランススペインであった。またリーフ共和国などの例外もあったが[7]ヨーロッパの政党がほとんどを占めていたこともあり、植民地問題については大方冷淡だった。ソビエト連邦の領域から亡命した政党が多かったことも、コミンテルンとの共闘を阻害する一因だった。

第二次世界大戦に際して解散したが、その活動は戦後、1951年に結成される社会主義インターナショナルにつながった。

主な構成政党[編集]

アルゼンチン - アルゼンチン社会党(Socialist Party
アルメニア - アルメニア革命連盟
オーストリア - オーストリア社会民主労働党
ベルギー - ベルギー労働党(Belgian Labour Partyワロン系社会党フラマン系社会党の前身)
ブルガリア - ブルガリア社会民主労働者党(Bulgarian Social Democratic Workers Party (Broad Socialists)
中華民国 - 中国社会党
チェコスロヴァキア - チェコスロヴァキア社会民主労働者党
チェコスロヴァキア - チェコスロヴァキア・ドイツ社会民主労働者党(German Social Democratic Workers Party in the Czechoslovak Republic
チェコスロヴァキア - ポーランド社会労働者党[8]Polish Socialist Workers Party
デンマーク - デンマーク社会民主連合
エストニア - エストニア社会労働者党(Estonian Socialist Workers' Party
フィンランド - フィンランド社会民主党
フランス - フランス社会党 (SFIO)
自由都市ダンツィヒ - 自由都市ダンツィヒ社会民主党(Social Democratic Party of the Free City of Danzig
ドイツ - ドイツ社会民主党
グルジア - グルジア社会民主労働党(Social Democratic Labour Party of Georgiaメンシェヴィキ[9]
イギリス - 労働党
イギリス -独立労働党Independent Labour Party
ハンガリー - ハンガリー社会民主党(Hungarian Social Democratic Party
アイスランド - アイスランド社会民主党(Social Democratic Party同盟の前身)
イタリア - イタリア社会党
ラトビア - ラトビア社会民主労働者党(Latvian Social Democratic Workers' Party
リトアニア - リトアニア社会民主党
ルクセンブルク - ルクセンブルク労働者党
オランダ - 社会民主労働者党(Social Democratic Workers' Party労働党の前身)
ノルウェー - ノルウェー労働党[10]
イギリス委任統治領パレスチナ - マパイイスラエル労働党の前身)
ポーランド - ポーランド社会党
ポーランド - ポーランド・ドイツ社会労働党(German Socialist Labour Party of Poland
ポルトガル - ポルトガル社会党
ルーマニア - ルーマニア社会民主党(Romanian Social Democratic Party社会民主党の前身)
ロシア - ロシア社会民主労働党 (メンシェヴィキ)
ロシア - 社会革命党
スペイン - スペイン社会労働党
スウェーデン - スウェーデン社会民主労働党
スイス - スイス社会民主党
ウクライナ - ウクライナ社会民主労働党(Ukrainian Social Democratic Labour Party
ウルグアイ - ウルグアイ社会党(Socialist Party of Uruguay
アメリカ合衆国 - アメリカ社会党
ユーゴスラビア - ユーゴスラビア社会党(Socialist Party of Yugoslavia

出典・脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/01/25 14:06
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant