サービス終了のお知らせ
連邦倒産法第11章
▼人気記事ランキング
2.手続の開始
2.5.他の手続への移行と申立の却下
第11章手続が債権者によって申し立てられた等の一定の場合を除き、債務者はいつでも第11章手続を第7条手続に移行(convert)することができる。利害関係者が、正当な事由(cause)を示して申し立てた場合には、裁判所は第7条手続に移行したり、第11章基づく再建手続の申立を却下することができる。正当な事由とは、たとえば、再建の合理的可能性がないこと、再建案の実行可能性がないこと、債務者の行為により債権者の権利が害されること等がある。(1112条)

[4]前ページ
(2.4.債権証明の届出と債権の確定)
[6]次ページ
(3.事業の継続)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/06/30 21:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant