サービス終了のお知らせ
連続体力学
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
物理学 > 力学 > 連続体力学 連続体力学 (れんぞくたいりきがく、英語: Continuum mechanics)とは、物理的対象を連続体という空間的広がりを持った物体として理想化してその力学的挙動を解析する物理学の一分野である。連続体力学では対象である連続体を巨視的に捉え、分子構造のような内部の微視的な構造が無視できるなめらかなものであり、力を加えることで変形するものとみなす。
主な連続体として弾性体流体がある[1]。直観的には弾性体とは圧力を取り除くと元の状態に復帰する固体であり、流体は気体液体プラズマを記述するものである。
連続体力学は物体を空間上の一点に近似して扱う質点の力学とは区別され、物体の変形を許容しない剛体の力学とも区別される。剛体は、変形しにくさを表す量である弾性係数が無限大である(すなわち一切変形しない)連続体であるとみなすこともできる[2]
連続体の力学は材料力学水力学土質力学といった応用力学、およびそれらの応用分野である材料工学化学工学機械工学航空宇宙工学などで用いられる。
目次
1.基礎概念
├1.1.連続体の記述方法
├1.2.連続体に働く力
└1.3.変形と歪み
2.連続体が満たす方程式
├2.1.連続の方程式
├2.2.運動方程式
└2.3.応力テンソルの対称性
3.連続体の分類
├3.1.弾性体と塑性体
└3.2.流体
4.脚注
├4.1.注釈
└4.2.出典
5.参考文献
6.関連項目
出典:Wikipedia
2019/12/19 22:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/25 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位AV女優
 4位水野朝陽
 5位羽生ありさ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant