サービス終了のお知らせ
洋ラン
▼人気記事ランキング
4.類型
4.2.温度に関して
栽培温度に関連して、高温性・中温性・低温性を区別する。
高温性のものは、年間を通じて高い温度を求めるもので、冬季でも20度程度の温度が必要になる。普通はしっかりと加温の出来る温室で栽培しなければならない。往々にして熱帯域の低地に生育するものである。ファレノプシス、バンダなどが有名。
低温性のものは、冬季に10度程度(ものによってはそれ以下で)栽培可能なもので、普通の家庭でも室内で維持が可能である。乾季と雨季のある地域や、より高緯度の地域に分布するもので、往々にして冬季は休眠するため乾燥させて過ごさせる。シンビディウム、ノビル系のデンドロビウムなど。
中温性のものは、両者の中間程度のもの。
このほかに、クールタイプと呼ばれるものがある。これはむしろ夏の暑さに対する耐性の問題である。熱帯地方の標高の高い地域に生育する種には、夏の高温に耐えられないものが多く、それらはむしろ冷房によって温度を下げ、さらに湿度を与えた条件を作ってやらなければならない。ミルトニア、マスデバリアなど。
[4]前ページ
(4.1.成長の仕方について)
[6]次ページ
(5.名前と扱い)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2016/05/18 09:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant