サービス終了のお知らせ
洋ラン
▼人気記事ランキング
4.類型
4.1.成長の仕方について
成長の型として、単茎性と複茎性がある。
単茎性:茎は先端に向かって伸びつつけ、葉を出し続ける。ファレノプシス・バンダなど。
このタイプのものは、茎の先端が無限成長する形を取る。増殖させるには側方に芽が出たときに、それが成長するのを待って切り分けるが、その数は多くないのが普通で、繁殖力は比較的弱い。
複茎性:茎はある期間(大抵は1年)だけ伸びて葉をつけると成長を止め、次にはその茎の基部から新しい茎を伸ばす。カトレア・デンドロビウムなど
多くの洋ランがこの形を取る。茎は多くは肥厚してバルブ(偽球茎)と呼ばれ、その上に葉をつける。バルブは特定数の葉を出すと成長を止め、新しい茎がその基部から出るか、匍匐茎を伸ばしてその先につける。結果として、複数のバルブが林立する形になる。この場合、新しいものをリードバルブという。それ以前のものは葉を失っても残存する場合が多く、これをバックバルブという。バックバルブはそこから花を出す場合もあり、そうでなくても栄養貯蔵の役割を担うため、不要部ではない。
この型のものは、複数の茎が並ぶ形になるため、それを切り分けることで株分けで増やすことが出来る。そのため繁殖は容易なものが多い。 パフィオペディルムはバルブが無く、見かけでは単茎性にも見えるが、実際は複茎性で、葉の間から花が咲くとその茎は成長を止め、新たな芽はその側方から出る。
[4]前ページ
(4.類型)
[6]次ページ
(4.2.温度に関して)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2016/05/18 09:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant