サービス終了のお知らせ
妖怪ウォッチ
▼人気記事ランキング
9.メディアミックス
9.3.くじガシャポン
妖怪ウォッチ 妖怪おみくじ神社』は、ガシャポン商品の新ジャンル『くじガシャポン!』第1弾として2014年1月から2016年4月まで稼働した店舗什器。妖怪メダル1枚を「おさい銭」としてエントリー(メダル裏面のQRコードを専用スキャナーで読み込む事で1回、おみくじバトルを無料で遊ぶことができる(一度エントリーに使用したメダルは、その什器での再エントリーは不可)。
エントリーとは別にバトルには3枚までメダルの使用が可能。各メダルにはこのゲーム独自の「妖力」が設定され、妖力の高いメダルほどバトル勝利の確率が高くなる。ガシャポン公式サイトには各妖怪メダルの妖力一覧が掲載。
バトル勝利後にルーレットで大吉(大当たり)が出ると、筐体左下の景品ガシャポンのロックが外れ、ハンドルを回して景品の妖怪メダル(大吉メダル、鬼吉メダル、うた吉メダル)を入手することができる。また、筐体設置のDX妖怪ウォッチで召喚した妖怪のステータスや妖力を閲覧できる「妖怪SHOW-KAN」モードもある。
2014年7月より『妖怪メダル零』『DX妖怪ウォッチ タイプ零式』の発売に合わせて第2弾『妖怪おみくじ神社零』にリニューアルされた。おみくじバトルのルール変更はなし。
2015年7月より『妖怪メダルバスターズ』『DX妖怪ウォッチU プロトタイプ』の発売に合わせて第3弾『妖怪おみくじ神社バスターズ』にリニューアル、ルールが大幅に変更された。当初は「妖怪鬼ごっこ」として敵に追いつかれないように鬼玉を集めつつゴールを目指すもので、逃げきると大量の鬼玉をゲットでき、追いつかれるとバトルになる。10月のアップデートより「ガシャポンビクトリーチャージ」が追加。ガシャポン商品の妖怪メダル(QRコード下の数字の頭が「V」とつくもの)をエントリーに使用すると、バトル後の抽選画面で鬼吉のマスが1つ増える。2016年4月の最終アップデートで後継の『妖怪ドリームルーレット』と同じ3VS3のバトルになった。さらに「特吉」としてバトルが有利になる「とりつきアイテム」などを妖怪メダルに記録できるほか、エントリーするメダルの数が1〜3枚の間でスキャンできるようになった。
いずれも抽選ゲームでハズレが続いた場合は「ツチノコ」(無印&零)、「鬼玉大判振る舞い」、「ジャックポット」(バスターズ)の発生率が上昇し、一度発生すると大当たり確率が大幅にアップする。抽選ゲームの後に発生率アップの画面が出ると、タイトルの右上に現在の発生率が表示される。最終アップデート版の『妖怪おみくじ神社バスターズ』では常時ジャックポットの発生率が表示された。
妖怪メダル専門WEBサイト『妖怪メダランド』でも2016年6月末まで、結果によってポイントが貯められるおみくじバトルを実施していた。 2014年1月 - 大吉メダル 全8種
2014年4月 - 大吉メダル 全12種
2014年7月 - 大吉メダル 全8種
2015年10月 - 大吉メダル 全10種
2015年1月 - 大吉メダル 全12種
2015年4月 - 大吉メダル 全13種
2015年7月 - 鬼吉メダル 全8種
2015年10月 - 鬼吉メダル 全8種、うた吉メダル 全2種
2016年1月 - 鬼吉メダル 全10種、うた吉メダル 全2種
2016年4月 - 鬼吉メダル 全14種、うた吉メダル 全2種
妖怪ドリームルーレット
妖怪ウォッチ 妖怪ドリームルーレット』は、2016年7月より『くじガシャポン!』シリーズの第4弾として『妖怪おみくじ神社バスターズ』から切替導入された後継店舗什器。
『妖怪メダルドリーム』『DX妖怪ウォッチドリーム』の発売に合わせて仕様を変更し、什器本体に新たにドリームメダル専用スキャナー(NFCリーダー・ライター)を搭載。最大3枚までドリームメダルをセットする事で「ドリームベット」として3000ポイント加算でき、ラッキー種族やドリームメダルに妖気がチャージされていると、さらにポイントがアップする。ドリームベットはメダル1枚につき1日1回のみ使用可。
エントリーするメダルの数は1-3枚の間でスキャンでき、枚数に応じてバトルスロットのリールが最大5つに増加する。さらに、エントリーに新しい妖怪メダル[注 12]を使うと、バトルスロットのグレードがゴールド→ダイヤモンド→レインボーの順にアップし、クリティカルやコンボ発生率もアップする。
11月下旬のアップデートより、エントリーに使うメダルによって2つのコースに分かれる。新しい妖怪メダル3枚でエントリーしたときは「レジェンドコース」、それ以外は「鬼コース」になる。さらに、玩具とのドリームリンクでチャージできる妖気を解放したときは、妖気に応じた特別なボス[注 13]。が登場し、勝利すると勝利ボーナスとして大当たりのマスが1つ追加される。バトルは前作の最終アップデート版『妖怪おみくじ神社バスターズ』のルールを流用。
バトル後のルーレット演出はゲーム『3』および妖怪ウォッチドリームの「ドリームルーレット」を模したもので、中当たり(赤)のマスに止まると妖怪ドリームメダルに妖気をチャージでき、大当たり(黄色)のマスに止まると筐体左下の景品ガシャポンのロックが外れ、ハンドルを回すことができる。なお、大当たりのマスはバトルで獲得できるコインは10000枚につき1マス、ドリームベットでは3000ポイントにつき1マス追加される。9月のアップデートより「ガシャポンビクトリーチャージ」が復活した。中当たりは「すなあらし」または「極・すなあらし」の妖気を、9月のアップデートからは前記の2つに加え、「だいきち」または「極・だいきち」の妖気をチャージできる。11月下旬のアップデートより、レジェンドコース経由でのルーレットは「大当たり」または「中当たり」のいずれかになる。
また、中当たりやハズレが続いた場合は「スペシャルゴールデンフィーバータイム」の発生率が上昇し、一度発生するとバトル画面がフィーバー仕様になり、大当たり確率が大幅にアップする。ただし、11月下旬のアップデートより追加された鬼コースでは発生しない。
おみくじ神社シリーズにあった「妖怪SHOW-KAN」モードは仕様変更に伴い廃止された。 2016年7月 - メリケンレジェンドメダル 全1種(ラストブシニャン)、福吉メダル 全4種(弁財天、大黒天、毘沙門天、恵比寿)
2016年8月 - メリケンレジェンドメダル 全2種(ラストブシニャン、プラチナ鬼)、福吉メダル 全4種(弁財天、大黒天、毘沙門天、恵比寿)
2016年10月 - メリケンレジェンドメダル 全2種(キラコマ、ブルジョワG)、福吉メダル 全4種(弁財天、大黒天、毘沙門天、恵比寿)
2017年1月 - ミステリーレジェンドメダル 全2種(ニャステト、パンドラ)、メリケンレジェンドメダル 全2種(スピーチ姫、トリベア)、福吉メダル 全3種(布袋尊、寿老人、福禄寿)
2017年1月-2月 - お宝大吉メダル 全1種(次世代ワールドホビーフェア '17 Winter 限定)
2017年4月 - ミステリーレジェンドメダル 全2種(ゴーキングデッド、リアクション大王)、メリケンレジェンドメダル 全2種(ジェントル面犬、自慢ハッタン)、福吉メダル 全3種(布袋尊、寿老人、福禄寿)
妖怪とれとれトレジャー
妖怪ウォッチ 妖怪とれとれトレジャー』は、2017年7月15日より『くじガシャポン!』シリーズの第5弾として『妖怪ドリームルーレット』から切替導入された後継店舗什器。妖怪メダルによる『くじガシャポン!』最終シリーズ。
『妖怪ウォッチバスターズT』で登場する『妖怪ウォッチゴールデントレジャー』『トレジャーメダル』にあわせて仕様を変更し、什器本体下の景品ガシャポンが「トレジャーレジェンドメダル」の入った「大当たり」と「トレジャー大吉メダル」の入った「大吉」の2種類となった。
エントリーメダルはトレジャーメダルとドリームメダルのみになり、什器本体の専用スキャナー(NFCリーダー・ライター)にセットする事で1回遊ぶことができる。本作より「攻略メダル」として対象のメダルをエントリーに使うと、大当たり確率が2倍になる「天国コース」でプレイできる。なお、ドリームメダルでエントリーした時は大当たりは発生しない(一部のドリームメダルシリーズ除く)。
操作はボタン連打でマップ上に配置された金貨を集め、ゴール地点の黄金ガシャに到達することが目的。追跡するガーディアンにつかまるとダメージを受け画面上の妖力(ライフ)が減り、なくなるとゲームオーバーとなる。
黄金ガシャポンにたどり着ければ抽選ルーレットがスタートし、中当たりが出るとトレジャーメダルまたはドリームメダルに妖気をチャージできる。妖気は1種類または3種類の妖気チャージ、1種類の妖気を時間内に何枚でもチャージできる「チャージし放題」がある。大当たりが出ると無料で左下の大当たりガシャポンを回すことができる。
ダンジョンを探検する妖怪として使うメダルは全種類(3枚まで)使え、宝箱に記された特定の妖気を持つトレジャーメダルやドリームメダルを使うと、様々なアイテムや妖力ボーナスを入手し、攻略を有利に進められる。妖気で入手できるアイテムは「でんぱくトラップ」「まる見え地図」「フォースバスターG」の3種類、秘宝妖怪専用の妖気で入手できるアイテムは「アゲランクの秘宝」「レベウプの秘宝」の2種類。妖力ボーナスは通常妖気は+500、極妖気は+600、秘宝妖怪の妖気は+1000[注 14]
また、ゲームの結果に関わらず終了後に「大吉ゲットチャンス」の抽選があり、当選すると有料でトレジャー大吉メダルを1枚購入できる。さらに「だいきち」または「極・だいきち」の妖気をトレジャーメダルかドリームメダルのいずれかにチャージできる[注 15]
12月中旬にアップデートされた第4弾では、妖怪メダルトレジャーGP04の「福吉」とトレジャー大吉メダル02を対象に大当たりが出やすくなる「大吉エントリーボーナス」が発生する。
2018年2月上旬にアップデートされた第5弾では新たに「神当たり」が追加。神当たりは「神の山コース」をゴールした後の抽選ルーレットで発生し、「神」で止まると、大当たりと大吉のガシャポン両方を回すことができる。妖怪メダルトレジャーGP05の「神吉」をエントリーに使用すると、その分神当たりの確率もアップする。 2017年7月 - トレジャーレジェンドメダル01 全4種(マジンカーメン、山吹鬼、ブシニャン、リアクション大王)、トレジャー大吉メダル01 全8種(トレ吉、大吉、メリ吉、雷吉、ヒロ吉(スシ)、メシ吉、謎吉、熱吉)
2017年9月中旬 - トレジャーレジェンドメダル02 全4種(難陀竜王、自慢ハッタン、花さか爺、イケメン犬)
2017年11月上旬 - トレジャーレジェンドメダル03 全3種(ゴーキングデッド、ネタバレリーナ、うんちく魔)、トレジャー大吉メダル02 全12種(王吉、トレ吉II、B吉、古吉、闇吉、ヒロ吉(テンプラ)、モテ吉、ボス吉、武者吉、姫吉、鬼吉、光吉)
2017年12月中旬 - トレジャーレジェンドメダル04 全3種(しゅらコマ、パンドラ、ばたんQ)
2018年2月上旬 - トレジャーレジェンドメダル05 全3種(やまタン、トリベア、ブルジョワG)、トレジャー大吉メダル03 全6種(トレ吉III、B吉II、トランプ吉、ヒロ吉(スキヤキ)、宝吉、犬吉)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/23 13:34
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant