有色人種
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
有色人種(ゆうしょくじんしゅ)とは、帝国主義の時代から20世紀中頃まで使用された人種分類である。有色人種という言葉は、白色人種と対で使用される言葉であり、ヨーロッパ系のコーカソイドを除いた、その他人種を指す。
有色人種という概念は優生学の思想に基づき、イギリスフランスアメリカ合衆国などを中心としたヨーロッパ系コーカソイドが、植民地の拡大・奴隷制の維持を正当化する根拠として唱えられたものであり、そのため、自分たちと被植民地国の国民および奴隷との、外見で区別しやすい皮膚の色や血統などの特徴を利用し、人種を細分化したものである。
そのため、有色人種と対で使用される場合の白色人種とは、現在の一般的人種分類(コーカソイド・ネグロイドオーストラロイドモンゴロイド)とは定義の範囲が異なり、人種差別と密接に結びついた概念であるため、用語毎にその対象範囲が異なる。
目次
1.有色人種という言葉の成り立ち
2.各国での表現
├2.1.アメリカ合衆国
└2.2.カナダ
3.脚注
4.関連項目
出典:Wikipedia
2018/02/08 03:00
ソ人気記事ランキング
2019/07/19 更新
 1位日本
 2位京都アニメーション
 3位しみけん (AV男優)
 4位伊藤春香 (編集者)
 5位京都アニメーション放火事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant