サービス終了のお知らせ
有機体論
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
有機体論(ゆうきたいろん、英:organicism [1])とは、生命現象の基本というのは、部分過程がorganize(組織・編成)されて、そのシステム)に固有の平衡または発展的変化を可能にしている点にある、とする立場[2]のことである。
有機体論は、生命現象というのは、あくまで有機体の物質と過程がある特定な結合状態・秩序にあるときに(のみ)可能なものなのだということ、Systemeigenschaften(そのに具わる特性)である、ということに力点を置く[2][3]
20世紀前半では、L.ベルタランフィー、ウッジャー(Joseph Henry Woodger)、W.E.リッター(William Emerson Ritter)、Edna.W.Baileyらによって論じられた[2]。その後も現在にいたるまで、多くの賛同者がいる。
目次
1.歴史
2.参考文献
3.出典
4.関連文献
5.関連項目
出典:Wikipedia
2019/08/06 16:02
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant