サービス終了のお知らせ
霊鷲山
▼人気記事ランキング
5.『法華経』における霊鷲山
釈迦仏はこの山において多く説法したという記録があるため、『法華経』もこの地で説かれたという設定になったと考えられている。そのため、霊山浄土霊山会などという語が派生した。

霊山浄土(りょうぜんじょうど) - 霊鷲山は報身の釈迦如来が法華経を説いた浄土とすることからいわれる。また霊山会上ともいう。もし世界が毀損しても未来永劫、釈迦仏がここに常住して法を説くことを意味する。日蓮宗では、法華行者の要期すべき浄土であるとする。この浄土の相(変相図)を描写するものを霊山浄土変という。法隆寺金堂の四仏浄土変の中、釈迦浄土変の如きをこれとする。
霊山会(りょうぜんえ) - 霊鷲山において釈迦如来が法華経を説いた会座のこと。江戸時代に、浄土真宗本願寺派はこれにちなんで、毎年5月に京都の洛東にある高台寺付近の霊山に集って詩歌などを作って詠む会合があり、これを霊山会と呼んでいた。
一説に、釈迦仏がこの霊鷲山で法華経を説いた期間は8年間とされ、その場所を金山洞(こんせんどう)ともいう。

[4]前ページ
(4.『観無量寿経』)
[6]次ページ
(6.霊鷲山にちなむ寺院)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/23 20:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant