サービス終了のお知らせ
零点
▼人気記事ランキング
1.零点が孤立すること
以下、Uガウス平面 ?開集合f: U?正則で、U の元 af零点 (f(a) = 0) とする。このとき函数 f は、適当な半径 r の開円板 D(a; r) ⊂ U において、整級数

f ( z ) = k = 1 α k ( z a ) k ( z D ( a ; r ) ) {\displaystyle f(z)=\sum _{k=1}^{\infty }\alpha _{k}(z-a)^{k}\quad (\forall z\in D(a;r))} に展開することができる。ここで定数項は α0 = f(a) = 0 だから、添字は 1 から始まっていることに注意。また各項の係数は αk = f(k)(a)k! で与えられる。

複素函数 f の零点 a孤立するとは、それが f の零点集合の孤立点となる(すなわち、a を中心とする十分小さな円板をとれば、その中に含まれる f の零点が a のみであるようにすることができる)ときに言う。 上記の級数展開において、以下の二者択一が考えられる:

  1. 任意の整数 k > 0 に対して αk = 0、すなわち fD(a; r) 上恒等的に消えている。この場合、零点 a は孤立しない。
  2. さもなくば、零でない係数を持つ最小の項の添字、すなわち αn ≠ 0 かつ αk = 0 (k < n) を満たす n > 1 が存在して、上記の級数を f ( z ) = k = n α k ( z a ) k = ( z a ) n g ( z ) , ( g ( z ) = = 0 α + n ( z a ) ) {\displaystyle f(z)=\sum _{k=n}^{\infty }\alpha _{k}(z-a)^{k}=(z-a)^{n}g(z),\quad (g(z)=\sum _{\ell =0}^{\infty }\alpha _{\ell +n}(z-a)^{\ell })} の形に書くことができる。ここに、函数 gg(a) = αn ≠ 0 を満たす解析函数となる。ga における連続性により、適当な実数 r (0 < r1 < r) が存在して、開円板 D(a; r1) 上で g が消えないようにすることができるから、まとめると

    f ( z ) = ( z a ) n g ( z ) , g ( z ) 0 ( z D ( a ; r 1 ) ) {\displaystyle f(z)=(z-a)^{n}g(z),\quad g(z)\neq 0\quad (\forall z\in D(a;r_{1}))} となり、fD(a; r1)a のみで消える。すなわち、a は孤立零点である。
以上のことを、以下の定義および定理にまとめることができる。

正則函数 f の孤立零点 a重複度n であるとは、自然数 n が、任意の自然数 k < n に対して f(k)(a) = 0 かつ f(n)(a) ≠ 0 を満たすときに言う。このとき a n-位の零点[1]であるという。また、n = 1 のときは a を単純零点 (simple zero) とも呼ぶ。
afn-位の孤立零点であるための必要十分条件は、U に含まれる適当な開円板 D(a; r) 上で定義された正則函数 g が存在して、f(z) = (za)ng(z) (∀zD(a; r)) かつ g(a) ≠ 0 が満たされることである。
定理 (孤立零点の原理)
f の零点 a が孤立しないならば、U に属する適当な円板 D(a; r) 上で f は恒等的に消えている。
[6]次ページ
(2.例)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/30 07:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/25 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位AV女優
 4位水野朝陽
 5位羽生ありさ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant