例外的に夫婦の別姓を実現させる会
▼人気記事ランキング
1.法案の骨子
1.1.評価
村上まどかは、この案について、強硬な反対論者を説得するための苦肉の案で、現状ではやむをえない、と評している[13][14]一方、多賀愛子は、「両性の合意」以外に家裁の許可を必要とするのは憲法違反であり、また、職業による差別、家制度の復活などにつながる恐れもある、と批判している[13][15]

[4]前ページ
(1.法案の骨子)
[6]次ページ
(2.構成メンバー)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/28 16:33
ソ人気記事ランキング
2020/01/26 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位東出昌大
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant