力 (物理学)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
物理学における(ちから、: force)とは、物体状態変化させる原因となる作用であり[1]、その作用の大きさを表す物理量である。特に質点の動力学においては、質点の運動状態を変化させる状態量のことをいう[2]。広がりを持つ物体の場合は、運動状態とともにその形状を変化させる。
本項ではまず、古代自然哲学における力の扱いから始め近世に確立された「ニュートン力学」や、古典物理学における力学、すなわち古典力学の発展といった歴史について述べる。
次に歴史から離れ、現在の一般的視点から古典力学における力について説明し、その後に古典力学と対置される量子力学について少し触れる。
最後に、力の概念について時折なされてきた、「形而上的である」といったような批判などについて、その重要さもあり、項を改めて扱う。
目次
1.歴史
├1.1.古代
├1.2.ルネサンス以降
└1.3.ニュートン力学
2.熱力学
└2.1.エネルギーと力
3.古典力学
├3.1.定義
├3.2.力の釣り合い
├3.3.力の合成と分解
└3.4.分類
4.量子力学
5.批判
6.脚注
├6.1.注釈
└6.2.出典
7.参考文献
8.関連項目
出典:Wikipedia
2019/06/04 14:02
ソ人気記事ランキング
2019/10/13 更新
 1位日本
 2位ジョンベネ殺害事件
 3位狩野川台風
 4位三浦和義
 5位10月12日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant