サービス終了のお知らせ
両性愛
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
両性愛(りょうせいあい)、バイセクシュアリティ:bisexuality)[1]は、男性にも女性にも見られる、異性・同性にかかわらずいずれの性の人に対しても、的な憧れや情緒的・精神的な魅惑、あるいは性的・肉体的な欲望を抱くような性的指向をいう語。
両性愛の性質を持っている人を両性愛者(りょうせいあいしゃ)、バイセクシュアル(英:bisexual)[2]あるいは略してバイという[3]。この場合、男性女性という「性」は、身体的な(セックス)に加えて、文化的な性も同時に指している。
両性愛という語は同性愛および異性愛と並ぶ性的指向の類型であるが、他方、両性愛とは「同性愛と異性愛との混合状態」であるとする見解もある。
また、性的少数者(セクシュアルマイノリティ)という時、バイセクシュアルは同性愛者という部分でセクシュアルマイノリティなのであり、異性愛者である部分はマジョリティであるとする考えから、広義のゲイやレズビアンに含むこともある。
両性愛は歴史上、人間社会および動物社会においてもさまざまな形態で観察されてきたものであるが、20世紀後半に入って初めてまじめな研究の対象となった。それでもなお、両性愛が広範囲に存在していた事実や、両性愛の定義については異議が唱えられている。
目次
1.概説
├1.1.両性愛とは何か
└1.2.両性愛者のアイデンティティ
2.用語
├2.1.パンセクシュアル・オムニセクシュアル(pansexual, omnisexual)
├2.2.バイ・パーミッシブ(bi-permissive)
├2.3.アンビセクシュアル(ambisexual)
├2.4.トリセクシュアル(trisexual)
└2.5.バイフォビア(biphobia)
3.近代西洋における両性愛の普及
└3.1.両性愛に関する諸研究
4.両性愛の社会的地位
├4.1.両性愛と同性愛
├4.2.同性愛と異性愛
└4.3.両性愛の象徴
5.両性愛の歴史
├5.1.古代ギリシャ
└5.2.中東および中央アジア
6.動物の両性愛行動
7.関連書籍
8.脚注
├8.1.注釈
└8.2.出典
9.関連項目
10.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/10/02 22:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant