竜巻
がん保険|ふたご座|相性診断
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
2.発生のメカニズム
2.5.竜巻の発生地域
アメリカ合衆国では、年間1000個前後の竜巻が発生し、50人程度が亡くなっている。世界の竜巻の8割がアメリカで発生しているとする文献もある[5]。これはほかの地域に比べて特に多く、その中でも特に竜巻被害の多い同国中部はTornado Alley(竜巻横丁)と呼ばれている。
アメリカでの被害が際立って多いのは、竜巻の発生数に対する勢力の強い竜巻の割合が非常に多いためであるが、アメリカで発生する竜巻がなぜ勢力が強くなりやすく、かつ連続で発生しやすいかについては解明されていない。
アメリカの他には、南アジアフィリピン東アジアニュージーランドオーストラリア西部・東部、カナダ南部、メキシコ北部、南アメリカ東部、ヨーロッパ南部アフリカなど[6]、中緯度の温帯地方を中心に発生数が多い。温帯での発生が多い理由としては、亜寒帯低圧帯にあって暖気と寒気の衝突する前線対流性降雨が多いことと、低気圧・高気圧の交互通過やジェット気流などが原因で高度によって風向風速が異なることが多いため気流の回転が生じやすいことが挙げられる。世界の竜巻多発地帯は降水に恵まれた農業地帯に一致していて、災害につながる竜巻をもたらす低気圧などが、他方では豊かな降水をもたらしていることを示している[7]
日本での竜巻の年間発生数は20個程度、気象庁の統計(1991 - 2006年)では年間平均約13件だが、単位面積当たりに換算すると0.3 - 0.5個/km2で、同じく0.8個/km2のアメリカの半分 - 3分の1程度であって極端な差ではない[5]。気象庁の観測記録では、日本で発生する竜巻は、記録されているものに限れば最大でF1〜F2のものが時々発生し、数年に一度F3クラスが発生するくらいの頻度と考えられている。なお、竜巻の年間発生数は毎年の変動幅が広く、集計方法の変化などの要因もあって、日本国内では増加・減少といった傾向は断定できていない[8][9]。参考として日本の事例に限った気象庁の統計によると、季節別では比較的暖かい夏から秋にかけての発生率が高く9月や10月が特に多い[10]。また時間帯別では太陽が出ている日中の方が発生率が高く特に正午ごろから日没にかけての時間帯に多い[11]。 日本国内では、1991年から2008年までの18年間の気象庁の観測データによれば、北陸地方から東北地方にかけての日本海沿岸、関東平野東海地方沖縄県などの発生がやや多いものの、全体としては日本全国のほとんどの地域で竜巻の発生が観測されている[12]
さそり座|運命の赤い糸|前世
金融|現金|スピリチュアル
勝った翌日ポイントアップ!
楽天イーグルス&ヴィッセル神戸応援企画
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(2.4.竜巻の発生しやすい天候)
[6]次ページ
(3.規模の指標)

5. 台風0819号に伴い発生した竜巻に関する数値実験 佐藤和歌子、石川裕彦、"京都大学防災研究所年報" 第51号B 平成20年6月、2008.
6. Tornado: Global occurrence Encyclop?dia Britannica.
7. U.S. Tornado Climatology National Climatic Data Center, Updated 23 February 2011.
8. ホーム > 気象統計情報 > 竜巻等の突風データベース > 年別の発生確認数 気象庁、2012年2月1日閲覧。
9. 竜巻などの激しい突風に関する気象情報の利活用について 気象庁、2010年3月30日
10. 月別の発生確認数 気象庁、2012年5月7日
11. 発生時刻別の確認数 気象庁、2012年5月7日。
12. 日本における発生状況 気象庁、2012年6月9日。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/07/23 16:30
フレッツ光|無料相性占い|内職
賃貸|結婚|エステ
ソ人気記事ランキング
2017/08/18 更新
 1位731部隊
 2位日本航空123便墜落事故
 3位加藤紘一宅放火事件
 4位8月17日
 5位インパール作戦
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant