サービス終了のお知らせ
立原道造
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
立原 道造(たちはら みちぞう、1914年大正3年)7月30日 - 1939年昭和14年)3月29日)は、昭和初期に活動し24歳で急逝した詩人。また建築家としても足跡を残している。父は立原貞次郎(婿養子)、母は立原登免(通称 光子)。次男として生まれる。先祖には立原翠軒立原杏所などがいる。学歴東京帝国大学工学部建築学科卒業。学位(当時は称号)は工学士(東京帝国大学)。戒名は温恭院紫雲道範清信士。東京都谷中の多宝院。賞歴は、辰野賞3年連続受賞、中原中也賞受賞。
目次
1.生涯
├1.1.立原道造全集
├1.2.立原道造記念館
└1.3.ヒアシンスハウス
2.主な作品
├2.1.『萱草に寄す』
├2.2.『暁と夕の詩』
├2.3.『優しき歌 I』
└2.4.『優しき歌 II』
3.備考
4.関連人物
5.脚註
6.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/02/18 03:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/25 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位AV女優
 4位水野朝陽
 5位羽生ありさ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant