僕だけがいない街
星座占い|霊視|しし座
毎日更新!楽天ランキング
最新売れ筋商品が一目瞭然!
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
4.キーワード
再上映(リバイバル)
悟の持つ特殊能力。悟の身近に何か「悪いこと(事件・事故等)」が迫ると発動し、1〜5分程の時を遡るタイムリープが起こる。自分の意思とは関係なく発動する上、その「悪いこと」の原因が取り除かれるまでは何度も時間が巻き戻る為、悟はその回避の為の行動を強制されていた。トラブルを回避した所で「マイナスだったことがプラマイ0になる(悪いことが発生しなくなるだけ)」か、たまに「自分にとってマイナスになる(未然に防ごうとした結果、自分が労力を使う)」だけである為、悟本人には疎ましく思われている。また、自分自身の危機に対して発動した事は無い。佐知子が殺害されて以降は18年もの時を超える大きな再上映が起きるようになったが、その理由も再上映そのものの正体についても作中では明言はされていない。一連の事件が解決した後は全く起きなくなったと言う。
アジト
1988年で悟達のグループがたまり場にしていた建物。河川敷にある機械室で本来は立ち入り禁止なので、足跡を残さないように雪が降ってすぐには行かない決まりがある。当初はカズが主導でオサムと広美の三人のみの場所で、後に賢也と悟がアジト仲間に加わったが、オリジナルのタイムラインではある時を境に広美が離れ、最終的には殺人事件の現場になってしまう。三度目のタイムラインでは事件とは無縁のままで、加代と彩もアジト仲間に加わった。
戦え!ワンダーガイ
悟が子供の頃から好きな変身ヒーローものの漫画、及びそれを原作としたアニメ。家族を含む全ての人類を救う為に戦いに身を投じたが、戦いが激化するにつれて身を案じて家族を遠ざけ、家族を守ろうとすればするほど家族との絆を薄れさせてしまう…と言う放送当時としては風変わりな作風だった。原作最終話での悟の作文によると、最後は信じあえる仲間と共に敵のボスを倒して終わったらしい。悟が漫画家を志す切っ掛けとなった作品でもある。実写映画版では悟自身の作品と言う設定となっている。
スパイス
八代が少年時代に飼っていたハムスター。八代のクラスメイトが不注意でペットのハムスターを繁殖させてしまった事の相談を持ち掛けられた際、その全てを水に沈めて処分しようとしたが、そのうちの一匹が他のハムスターの死骸の上に立って生き延びており、八代に衝撃を与える。八代はその生き残りを「自分に生の刺激を与えてくれた存在」と認識し、スパイスと名付けて自ら飼育する事を決意。寿命を迎えるまで可愛がった。その死後、八代は文字通り生きる事のスパイスを失い、後述の蜘蛛の糸の件も重なってやがて数々の事件を起こす大きな原因となる。
再上映で何度も自身の策を打ち破った悟に再び生の刺激を見出した八代は、彼を第二のスパイスとして認識し、ペットのように観察するようになる。
蜘蛛の糸
八代にのみ見える現象。特定の人間の頭上に一本の蜘蛛の糸が現れ、八代はこの糸が現れた相手を芥川龍之介の小説『蜘蛛の糸』に準えて死すべき人間と見做し、その糸を切るような感覚で手に掛けてきた。原作では最初に見えた人間は八代の兄であり、彼が乱暴していた女児を誤って殺害した時から見えるようになった。アニメ版ではスパイスとの出会い以来見えるようになったとされる。また、アニメ版ではこの蜘蛛の糸自体が八代が殺人を繰り返してきた理由であり、加代や悟の頭上にも見えていた。
八代自身の頭上にも蜘蛛の糸は見えていたが、悟に敗北した際にその糸は切れて無くなった。
恋愛占い|六星占術|がん保険
姓名判断|血液型占い|浮気
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(3.3.その他)
[6]次ページ
(5.書誌情報)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/07/18 22:33
モテ期|無料占い|ワンピース
フレッツ光|保育士|運命の人
ソ人気記事ランキング
2017/07/23 更新
 1位ぼくらの勇気 未満都市
 2位大山のぶ代
 3位黒革の手帖
 4位オーロラ銃乱射事件
 5位二千円紙幣
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant