北朝鮮による拉致被害者家族連絡会
▼人気記事ランキング
3.問題点と批判
家族会は、拉致問題の解決、被害者の帰国を目的としている。これを実現する手段として、日本や国際社会が北朝鮮へどのような方策をとるべきかは、家族会だけでなく政府や国民にも多くの意見があり一様ではない。しかし目的を達成するためには、会として実現可能性を検討し姿勢を定め、政府や世論への働きかけを行っていかねばならない。つまり家族会は、拉致被害関係者の協議会であると同時に、ロビー活動や周知を模索する社会運動でもある。このため家族会は活動に伴って、日朝関係や国際情勢、意見集約の困難さ、また政府や国民との温度差など、複雑な利害関係の中にある。

[4]前ページ
(2.役員)
[6]次ページ
(3.1.政府与党との立場の相違)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/01/08 13:31
ソ人気記事ランキング
2019/08/25 更新
 1位日本
 2位文京区幼女殺人事件
 3位飯田祐基
 4位名古屋小6受験殺人事件
 5位山本美香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant