北朝鮮による拉致被害者家族連絡会
▼人気記事ランキング
1.略歴
1997年
3月25日 - 結成。救う会と勉強会。
5月1日 - 日本政府が「7件10人が北朝鮮に拉致された疑いが濃厚」と発表。以後北朝鮮の拉致問題が表面化。
2000年3月 - 日本政府の北朝鮮へのコメ10万トン支援決定に対し、自由民主党本部にて座り込みの抗議。
2002年
9月17日 - 小泉純一郎首相が北朝鮮の金正日総書記と会談。日本人13人を拉致したことを北朝鮮が認め、謝罪。5人生存、8人死亡と伝えられる。
10月15日 - 蓮池薫奥土祐木子地村保志浜本富貴恵曽我ひとみら、5人の拉致被害者が帰国。
2004年5月22日 - 小泉首相の再訪朝。蓮池・地村夫妻の子供たちが日本へ帰国。
2005年 - 蓮池透 副代表。
2007年
横田滋 代表を辞任。蓮池透 副代表を辞任。
11月24日 - 飯塚繁雄 新代表。増元照明(事務局次長から)新事務局長。家族会は新体制へ。
2009年5月1日 - 蓮池透の著書『拉致―左右の垣根を超えた闘いへ』が出版[1]。家族会をとりまく内外情勢および自身の考えについて示した内容。
2010年3月28日 - 蓮池透の強制退会を決議。事実上の除名。
2014年11月 - 増元照明 事務局長を辞任。次世代の党公認で衆院選に立候補、落選。
[6]次ページ
(2.役員)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/01/08 13:31
ソ人気記事ランキング
2019/12/16 更新
 1位日本
 2位梅宮辰夫
 3位松本ちえこ
 4位新春かくし芸大会の放送一覧
 5位無名塾出身の俳優一覧
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant