北条早雲
▼人気記事ランキング
5.偏諱を与えた人物・名前について
早雲の子息たち(綱・氏時広・綱(幻庵))
大道寺(重時(早雲の従兄弟にあたる)の子)
松田(初め顕秀)
名称と生年の節でも名前について記述したが、それぞれの名前を名乗っていたとする証明になるのが、早雲の息子たちや家臣にみられる偏諱(名前の1字)を与えられた人物であり、上に挙げた人物から以下のように考えられる(外部リンクも参照のこと)。

次男・氏の名前より盛は名乗っていた
四男・綱の名前より氏は名乗っていた
昌・秀、および実父・伊勢定の名前から「」の付いた名前(時(もりとき)あるいは氏(うじもり))は名乗っていた
以上のことを総合して考慮すれば、少なくとも「盛時」「長氏」「氏盛」のいずれかは名乗っているということになる(もちろん、途中で改名することもあろうから必ずしも1つだけとは限らない)。

1については、一部で氏綱が従兄弟にあたる今川氏親から1字を与えられた(氏綱・長綱の「綱」字は伊勢盛定の父・盛綱に由来するとされる)とする説もあり、この場合は必ずしも父の早雲が「氏」の入った名前を名乗る必要もない。また別の一説によれば、「氏」の字は北条時行の子とされる北条行(ゆきうじ)に肖ったとしている(ただし、前述したように早雲の代ではまだ北条姓を名乗ったという確実性がないので確証はない)。

大道寺昌、松田秀と、「盛」の字を与えられた人物が2人もいることなので、4については最も有力視でき、冒頭で前述したとおり、「盛時」を名乗っていたのが定説となっている。生誕年の判っていない盛秀については、妻(北条綱成の妹)のことを考慮すれば年代的に早雲の世代ではないのではと疑問視する説もあるが、顕秀からわざわざ改名していることからやはり「盛」の字を賜った可能性はある。

[4]前ページ
(4.妻子)
[6]次ページ
(6.早雲の出自と生年の論争)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/04 15:00
ソ人気記事ランキング
2019/10/23 更新
 1位日本
 2位矢島健一
 3位山口組
 4位10月22日
 5位司忍
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant