北九州監禁殺人事件
▼人気記事ランキング
8.事件を題材とした作品
坂井田俊監督の映画「僕は人を殺しました」はこの事件の死刑囚Xと附属池田小事件の宅間守をモデルにしている[131]
闇金ウシジマくんの「洗脳くん」編はこの事件をモデルにしている。
櫛木理宇の小説「寄居虫女(ヤドカリオンナ)」はこの事件をモデルにしている。
誉田哲也の小説「ケモノの城」はこの事件をモデルしている。
真梨幸子の「インタビュー・イン・セル 殺人鬼フジコの真実」に登場する殺人犯は、この事件を参考に事件を起こす。
稲垣みさおの漫画「狂悪殺人録 〜一家監禁殺害事件〜」はこの事件をモデルにしている。
ザ・ノンフィクション 「人殺しの息子と呼ばれて」 前後編(2017年10月15日、22日、フジテレビ) - 死刑囚X・受刑者Yの間に生まれた実子の男性を取材した[132]。同番組の放送時間帯としては異例の高視聴率を出し、「金曜プレミアム」枠で再編集版の放送が決定した。
[4]前ページ
(7.死亡者の行動心理)
[6]次ページ
(9.1.注釈)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/14 01:01
ソ人気記事ランキング
2018/12/17 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位12月16日
 4位艶堂しほり
 5位マコーレー・カルキン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant