サービス終了のお知らせ
北海道旅客鉄道
▼人気記事ランキング
16.関係会社
16.2.かつてのグループ会社
1992年(平成4年)8月21日設立。ダイエーとの合弁会社[新聞 45]で、「JRダイエー(JR Daiei)」のブランド名で札幌市内に出店していた。1999年(平成11年)3月に清算された。
ユーノスジェイアール北海道
マツダのユーノス販売網に参加し自動車ディーラーとして営業。札幌駅付近の高架下および帯広市に店舗を構えていた。1998年(平成10年)3月末、メーカー資本の地元ディーラー「マツダアンフィニ北海道」に営業譲渡して撤退・清算する。札幌店は「マツダアンフィニ北海道・JR札幌駅東口店」として営業していたが、のちに閉店している。
北海道企画開発
1989年(平成元年)12月27日設立。ゴルフ練習場、駐車場等の運営、ホテル及び温泉施設の運営受託、食料品等の販売・取次等を行っていた。2007年(平成19年)10月1日付で北海道クリーン・システムに吸収合併された[報道 105]
北海道ジェイ・アール・トラベルサービス
1997年(平成9年)4月21日設立。金券ショップ・旅行代理店の運営などを行っていた。2007年(平成19年)12月1日付で北海道ジェイ・アール・サービスネットに吸収合併された[報道 106]
北海道ジェイ・アール・フーズ
1990年(平成2年)10月に設立。札幌・旭川・小樽の駅構内での飲食店やJR北海道ホテルグループの「ホテルさっぽろ弥生」の運営を行っていた。2010年(平成22年)10月1日付で北海道キヨスクに吸収合併された[報道 107]
ジェイ・アールはこだて開発
1986年(昭和61年)12月24日に「はこだて開発株式会社」として設立され、2005年(平成17年)7月1日付で「ジェイ・アールはこだて開発」に社名変更。函館支社管内での駅業務受託、駅構内売店・食堂の営業、流山温泉およびクロフォード・イン・大沼の運営受託を行っていたが、2014年(平成26年)10月1日付で北海道キヨスクに吸収合併された[報道 108]
北海道リネンサプライ
1967年(昭和42年)9月1日設立。寝台座席などの寝具、座席の背当て等のクリーニングを行っていた。2016年(平成28年)6月28日付で北海道クリーン・システム保有株式の92.5%内の82.5%を白洋舎および廣瀬商会に売却され、白洋舎のグループ会社となることでJR北海道グループから離脱した[報道 109]
旭川ターミナルビル
1980年(昭和55年)4月8日設立。旭川駅構内および旭山動物園の店舗、旭川エスタ駐車場の運営をしていたが、赤字が続いていたため、2016年(平成28年)6月頃に清算された[報道 110]。2015年(平成27年)10月1日付でフォートレス・インベストメント・グループLLCに売却されるまでは[報道 102][報道 103]、「ロワジールホテル旭川」の運営も行っていた。
北海道ジェイ・アール・ビルト
1992年(平成4年)12月15日設立。建物・設備の施工・修繕、JR北海道が所有する施設の維持管理等を行っていた。2016年(平成28年)10月1日付で北海道ジェイアール・コンサルタンツに吸収合併された[報道 101]
北海道ジェイ・アール・サイバネット
車両その他の電子設備やシステムの開発を行っていた。2016年(平成28年)12月1日付で札幌交通機械に吸収合併された[報道 111]
ジェイ・アール道東トラベルサービス
釧路支社管内での駅業務受託、添乗業務。2017年(平成29年)2月1日付で北海道ジェイ・アール・サービスネットに吸収合併された[報道 112]
札幌工営
車両工場での作業受託。2018年(平成30年)4月1日付で札幌交通機械に吸収合併された[報道 113]北海道公安委員会から警備業法違反により既存の警備会社が営業停止処分を受けたため、2018年3月1日より他の警備会社に切り替えている[報道 114]
北海道JRインマネジメント
宿泊特化型ホテル「JRイン札幌」「JRイン帯広」「JRイン旭川」の運営をしていたが、経営資源の集中・効率化を図るため、2018年(平成30年)4月1日付でJR北海道ホテルズに吸収合併された[報道 115]

[4]前ページ
(16.1.現在のグループ会社)
[6]次ページ
(17.1.注釈)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/10 04:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant