サービス終了のお知らせ
北海道放送
▼人気記事ランキング
16.過去に在籍していたアナウンサー・キャスター
16.2.退社したアナウンサー・キャスター

男性[編集]


石崎岳(元『テレポート6』キャスター。在籍時は報道部記者、退社後は衆議院議員へ転身したが、2009.8の総選挙で落選)
岡野隆
小野塚勝(1967-1968にアナウンス部。入社1年後HTB開局に伴いアナウンス要員として移籍。HTB報道制作センター長を経て解説委員で定年退職し、現在はトップシーン札幌 社長)
木島豊(入社後、HTB開局に伴いアナウンス要員として移籍)
鎌田強(元エグゼクティブアナウンサー。2014年定年退職、以後嘱託)
佐藤則幸(1972-1994にアナウンス部。退社後に番組制作会社「テレベック」を設立、フリー)
菅原克彦(アナウンス部、釧路放送局。現在は出身地の宮城県でフリーアナウンサーとしてラジオを中心に活躍)
寺下昭三(1953年11月30日に青森放送へ)
田中徳志郎(アナウンス部。『ダイナミックサタデー』『ハロードライバー』『ベストテンほっかいどう』『ザ・ベストテン』HBC追っかけマン 『朝のホットライン』HBCホットラインアナなどを担当。1992年3月逝去)
白馬康治(アナウンス部。退社後UHBに移籍。1986.6逝去)
松永俊之 (1972年当時、帯広放送局→本社アナウンス部。2007.3.31で定年退職後、引き続きフリーアナウンサーとしてHBCの番組をメインに担当している。実兄は元TBSアナウンサーの松永邦久
村形貞彦(1973.10-1975.3に『JNNニュースデスク』キャスターとしてTBSへ出向)
横田久(アナウンス部、帯広放送局、アナウンス部長、報道制作局次長・スポーツ部長、企画事業局長。2007.8逝去)
帯広放送局在籍時に『とべとべ十勝』を立ち上げた。
遠藤清美
菊池暁一郎 (退社後、AIR-G'でニュースなどを担当していた)
坂上隆志
沢口孝夫(元『テレポート6』キャスター)
柴田恭(1967.7放送の「TBS歌のグランプリ」で北海道庁・赤レンガ前からの中継で登場)
杉浦滋男(アナウンス部、1962年メ〜テレ開局に関わり退社。1964年には東京12チャンネルにスポーツアナウンサーとして移籍。テレビ北海道開局時にはアナウンサーとして出向、その後退社。1997.12逝去)
藪淳一(1992-2008.9。現在は幼稚園の理事長を務める傍ら、フリーアナウンサーとして『公立高校入試解答速報』なども担当)
豊原慎二(2011-2013.3。現:福岡放送アナウンサー。元ザスパ草津選手)
桜井宏 (HBCパーソナリティ。アナウンス部→帯広放送局→アナウンス部→函館放送局→アナウンス部。朝刊さくらいを中心に同局後援イベント司会で活躍中)
田村英一 (アナウンス部→北見放送局→アナウンス部長→編成制作局長。退職後もニュースやナレーションなどを担当していた)
関博紀 (アナウンス部→旭川放送局→アナウンス部→社会情報部。退社後ロサンゼルスに移住し国際ジャーナリスト)
矢萩尚太郎(2014年10月-2019年3月)

女性[編集]


相賀真理子(2000-2003、テレビ神奈川→フリー)
相原恵理子(気象予報士・防災士。現在はNHKラジオ第1放送で気象情報キャスター)
浅川かがり(-2009年、気象予報士)
浅野英美(1993-退社時期不明。現在はボイスワークス所属)
阿部彩子(1998-2008)
石山愛子(1996-2001、セント・フォース所属)
大久保真弓
岸本尚実日本海テレビより契約アナウンサーとして移籍、2002-2006.6。契約期間満了後は、地元の関西地方を拠点に、サンテレビの契約アナウンサーや毎日放送ちちんぷいぷい』のコーナー担当などを歴任)
遠藤今日子(1993-退社時期不明)
大島由佳(2002-2004.3。鹿児島読売テレビから移籍)
小原忍(1980-1990、岩手めんこいテレビ開局とともに移籍、現在は岩手めんこいテレビ副社長)
河原多恵子(入社時期不明-2012.1、アナウンス部→ラジオ制作部→アナウンス部、引き続きフリーでHBCの番組をメインに担当)
北野あづさ
坂内千夏(1993-1999)
沓掛政子(1980年頃在籍。釧路放送局で鎌田強とともに『釧新ポケットニュース』『QLタイム釧路からこんにちは』等のローカル番組を担当)
和田幸枝(旭川放送局で昼のローカル番組等を担当)
佐々木美佳(NHK札幌放送局から移籍後、ラジオ『朝刊さくらい』のアシスタントを務めていた)
蓙彩子([野垣親士報道部長夫人、結婚後は小野垣彩子として『ラジオ一番通り』『スーパーToday』のアシスタントを務めていた)
田村美香(1992-1994。学校の教員として1年間勤務後、契約アナウンサーとして入社。現在はフリーアナウンサー)
鶴羽佳子(一時NHK札幌放送局で『おはよう北海道』を担当していた。現在は「オフィス鶴羽」代表取締役)
飛田悦子(現在は三角山放送局パーソナリティ)
中田美知子(HBC退社後フリー→エフエム北海道(AIR-G')、同社常務取締役を務めた)
野宮範子(現在はフリーアナウンサー、桜井宏夫人)
播磨早苗(『パック2pm』などを担当、現在はフレックスコミュニケーション代表取締役)
前田華代子(弁護士八代英輝夫人)
松坂有希子(2007-2011。結婚のため退社後、2013年より「羽仁有希子」の名義でNHK旭川放送局契約キャスターとして活動していた。)
宮崎明日香(1998-2001、その後フリーとして2007.9までCS「日テレNEWS24」キャスターを担当)
村井裕子(1979-1997。2001-2004.2に契約アナウンサーとして在籍。現在もHBCパーソナリティとして活動)
村上亜希子(HTB契約アナウンサーを経て、現在はフリー)
邑田みさき(2001-2007)
森田真奈美(1991-1997、現在はラジオパーソナリティ)
森理恵(2000-2009。結婚・出産を経て2013年よりHBCパーソナリティとして活動中)
山田泰子 (2001-2007)
山田頼子(現在はボイスオブサッポロ所属、2018年4月より、主に早朝のHBCニュース・道新ニュースを、社員アナウンサーの代わりに担当する)
林部香織(1994-1998、その後関西テレビ『FNNスーパーニュースKANSAI』キャスター)
浦本可奈子(2011-2012、結婚により退社)
井坂綾(気象予報士)
渡辺陽子(1990-2013.3。現在はフリーでHBCのテレビ・ラジオ番組で活動)
高橋友理(2009-2017.3)
大栗麻未(2012-2017.3、現在ジョイスタッフ所属)
金井憧れ(2014.10-2017.3。2014.9までは報道部所属、現在キャストプラス所属でTBSニュースバードキャスター)
宮地麻理子(2011年4月-2019年1月。報道部→社会情報部→アナウンス部→広報。元NHK北九州放送局テレビ神奈川(制作)→熊本朝日放送
深水瑶子(-2019年3月。気象予報士・防災士)
[4]前ページ
(16.1.異動したアナウンサー・キャスター)
[6]次ページ
(17.1.インターネット動画配信)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/15 13:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant