goo
Wikipedia
豊臣秀吉
恋愛占い|無料相性占い|がん保険
▼人気記事ランキング
▼目次
羽柴秀吉は、この項目へ転送されています。同名を名乗り活動した実業家・政治活動家については「羽柴誠三秀吉」をご覧ください。
概要
豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし / とよとみ の ひでよし、)、または羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大名天下人、(初代)武家関白太閤三英傑の一人(注1)(注2)
初め木下氏名字とし、羽柴氏に改める。本姓としては、初め平氏を自称するが、近衛家猶子となり藤原氏に改姓した後、豊臣氏に改めた。
尾張国愛知郡中村郷の下層民の家に生まれたとされる(出自参照)。当初、今川家に仕えるも出奔した後に織田信長に仕官し、次第に頭角を現した。信長が本能寺の変明智光秀に討たれると「中国大返し」によりへと戻り山崎の戦いで光秀を破った後、信長の孫・三法師を擁して織田家内部の勢力争いに勝ち、信長の後継の地位を得た。大坂城を築き、関白・太政大臣に就任し、豊臣姓を賜り、日本全国の大名を臣従させて天下統一を果たした。天下統一後は太閤検地刀狩令惣無事令石高制などの全国に及ぶ多くの政策で国内の統合を進めた。理由は諸説あるがの征服を決意して朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康五大老に託して病没した。秀吉の死後に台頭した徳川家康が関ヶ原の戦いで勝利して天下を掌握し、豊臣家は凋落。慶長19年(1614年)から同20年(1615年)の大坂の陣で豊臣家は江戸幕府に滅ぼされた。
墨俣の一夜城金ヶ崎の退き口高松城の水攻め中国大返し石垣山一夜城などが、機知に富んだ功名立志伝として広く親しまれ、百姓から天下人へと至った生涯は「戦国一の出世頭」と評される。

1. 特別展 三英傑と名古屋
http://www.museum.city.nagoya.jp/exhibition/special/past/tenji141025.html
2.信長・秀吉・家康―天下統一と戦国の三英傑

無料占い|姓名判断|ふたご座
転職|賃貸|内職
「豊臣秀吉」の関連画像
もっと見る(19824件)>>
目次
1.生涯
├1.1.出自
├1.2.松下家臣時代
├1.3.織田家に仕官
├1.4.織田政権下での台頭
├1.5.播磨・但馬の攻略 - 中国攻め
├1.6.信長の死から清洲会議まで
├1.7.柴田勝家との対立
├1.8.徳川家康との対立と朝廷への接近
├1.9.関白任官と紀伊・四国・越中攻略
├1.10.九州平定とバテレン追放令
├1.11.朝臣として聚楽第を構える
├1.12.小田原征伐から奥羽仕置
├1.13.天下統一
├1.14.文禄の役
├1.15.秀次切腹事件
├1.16.サン=フェリペ号事件と二十六聖人処刑
├1.17.慶長の役
└1.18.最期
2.年表
3.人物
├3.1.出身・家系
├3.2.容姿
├3.3.死因
├3.4.逸話
├3.5.文化・芸事
└3.6.本能寺の変の黒幕説
4.政策
├4.1.朝臣体制
├4.2.国内統治システム
├4.3.宗教政策
├4.4.外交政策
└4.5.人事政策
5.後世の評価
6.系譜
├6.1.略系図
├6.2.妻子
├6.3.養子
├6.4.養女
└6.5.猶子
7.家臣
8.史跡等
├8.1.墓所・霊廟・神社
└8.2.資料館
9.豊臣秀吉を題材とする作品
10.参考文献
└10.1.史料
11.関連項目
12.外部リンク
出典:Wikipedia
2017/03/09 14:36
結婚|モテ期|現金
手相|浮気|六星占術
この記事を共有する
「豊臣秀吉」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/03/23 更新
 1位高部あい
 2位加賀美早紀
 3位山本裕典
 4位葉月里緒奈
 5位3月22日
もっと見る>>
いま読まれている記事
行司|マシュー|下名 (いちき串木野市)|F-05B|豊臣秀吉
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant