野菜
▼人気記事ランキング
3.分類
3.1.需要部位による分類
野菜は食用とする部位(需要部位)の違いから、一般に根を食用部位とする根菜類、地下あるいは地上の茎を食用部位とする茎菜類、葉や葉柄を食用部位とする葉菜類花序花弁を食用部位とする花菜類、未熟果や熟果を食用部位とする果菜類に分けられる[16][17][18]

根菜類
ダイコン
ニンジン
ゴボウ
茎菜類
タマネギ
アスパラガス
ウド
葉菜類
キャベツ
レタス
ホウレンソウ
ハクサイ
果菜類(成り物野菜ともいう)
トマト
ナス
カボチャ
ピーマン
キュウリ
花菜類
ミョウガ
カリフラワー
ブロッコリー
食用菊
なお、日本ではこのほかの分類法として総務省「日本標準商品分類」では根菜類、葉茎菜類、果菜類の3つに分類され[18]、農林水産省「野菜生産出荷統計」では根菜類、葉茎菜類、果菜類、果実的野菜、香辛野菜の5つに分類されている[5]

[4]前ページ
(2.代表的な野菜)
[6]次ページ
(3.2.緑黄色野菜と淡色野菜)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/06 17:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/21 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位清美川梅之
 5位麒麟がくる
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant