野原しんのすけ
▼人気記事ランキング
1.人物
1.6.友人関係
基本的には老若男女、さらにはオカマなど誰とでもすぐに打ち解けるタイプであり、ゲストキャラとはほとんど友達になっている。日常的にはかすかべ防衛隊のメンバーである、風間トオル、桜田ネネ、佐藤マサオ、ボーちゃんらと遊んでいる描写がほとんどである。特に、風間トオルとの絡みが多い(「大親友の風間君」と呼ぶことが度々ある)。また、たまに酢乙女あいとも遊んでいる。そのあいを筆頭に、女子から好意を持たれることも少なくない。友人の中ではマサオとボーちゃんとの絡みが多く、「エンピツしんちゃん」ではマサオとボーちゃんと同じ小学校に通っている(ネネは同じ小学校だがクラスが違い、風間は私立の小学校に通っている)。

マサオの家を訪ねる際、いつも間違えて向かい側の家や冷蔵庫に向かって「マーサーオくん」と声をかける。そのためわざとやっているのではと疑いをかけられている。

ネネの家は彼女宅から匂ってくる母親の手料理の独特のにおいだけで判別できる。ネネの家には食事時やおやつ時に行くことが多く、ネネの母の料理を「しつこいお味」と言いつつも遠慮なく食べる描写が多い。その度にネネの母は便所やクローゼットでウサギのぬいぐるみを殴りつけている。ネネとあいによるしんのすけの奪い合いによく巻き込まれるが、自身の現金な性格や、ネネの強引ぶりに対する辟易から、大抵はあいの財力に降る。

トオルの家に行くとよく居留守をつかわれ無視されるが、結局は上がり込むことが多い。風間トオルはよく耳に息を吹きかけるなどの悪戯やなりきりのターゲットにされており(耳に息を吹きかけられると風間君はたいてい恍惚の表情で感じ入ってしまう)、唇同士のキスもしたことがある[39]。風間トオルの家出に付き合ったことがあり、どうにか匿おうとしたことがある。

ボーちゃんとは「鬼のいないかくれんぼ」や「死体ごっこ」といった奇妙な遊びをする仲。またボーちゃんを宇宙人と思いこみ調査をしたことがあるが、宇宙人ではないと確信した、というエピソードがある。

シロとの散歩では多くの愛犬家の知り合いがおり、その際は「シロちゃんのお兄ちゃん」と呼ばれることが多い。

[4]前ページ
(1.5.言葉づかい)
[6]次ページ
(1.7.生まれる前・0歳の時のしんのすけ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/31 01:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/27 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位東出昌大
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant