野原しんのすけ
▼人気記事ランキング
1.人物
1.5.言葉づかい
原作の初期は、言葉がなまっていて常に上がり眉だった(語尾に「〜ベ」をつけるなど)。

言葉の間違いが多く(音位転換が多く見受けられる)、訂正されると「そうとも言う」ととぼけるが、言い間違いをみさえや周囲の人に指摘される場面を一人芝居で正確に演じてみせるなど、わざとやっていることを示唆する場面もある。

オネエ言葉を駆使し、大人の女性になりきることもある。その場合水商売風の雰囲気となる[38]

その他にも口癖やよく言う言葉はたくさんある。代表的な例に「〜(だ)ゾ」、「ほい」もしくは「ほっほーい!」(返事をする時。後者は元気に挨拶する時にも用いられる。時々みさえに「「ほい」じゃなくて「はい」でしょ」と突っ込まれる)、「〜ですな」、「ワッハハハハ!」(アクション仮面の決め台詞)、「じゃ、そゆことで」(帰る時)、「ほうほう」(納得する時)、「妖怪○○オババ(あるいはその類い)」(みさえなどに対する悪口)など。

「キケンがあぶない」や「腰痛が痛い」などの重言を発することが多い。一方、言い間違いをするものの「万事休す」や「若気の至り」などという言葉を意味を知ったうえで使っている描写があることから、決して語彙力は低くない。

[4]前ページ
(1.4.能力)
[6]次ページ
(1.6.友人関係)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/31 01:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/20 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位賭博黙示録カイジ
 5位軽井沢スキーバス転落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant