野原しんのすけ
▼人気記事ランキング
6.キャスティング・演技
1992年4月13日から2018年6月29日放送までにおけるしんのすけの声は矢島晶子が演じた[1]

しんのすけ役のオーディションにはたてかべ和也の勧めで参加した矢島の他に田中真弓坂本千夏、後に風間くん役で矢島と長年共演することになる真柴摩利[44]も参加していた。田中、坂本によるとオーディションの内容はしんのすけの声で『ぞうさん』を歌唱することだったという。両者は落選し、当初は納得がいかなったものの、オンエアされた矢島の声を聞いて敗北感を感じたと語っている[45]。また、真柴もしんのすけ役のオーディションを受けたものの、自分は風間くん役の方が合っていると感じたという[44]

矢島は演じる中で試行錯誤を重ねてきたため、アニメ初期から現在までの間に声が大きく変化している。最初期は少しひねくれた少年の声そのものであったのが比較的短期間で低くボーっとした声に変化、その後雰囲気を保ったままトーンが徐々に上がり続けていった。なお、放送初期はエンディングで「しんちゃん」とクレジットされていたが、現在は「しんのすけ」である[注 28]

その後、矢島は「しんのすけの声を保ち続ける作業が難しくなった」として2018年6月29日の放送分を最後に降板し、後任は小林由美子が務めることとなった[1][2]

[4]前ページ
(5.2.系図)
[6]次ページ
(7.CD)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/31 01:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/27 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位東出昌大
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant