サービス終了のお知らせ
▼人気記事ランキング
2.つき餅(搗き餅)
日本ではもち米を用いて作る餅が一般的である。製法は、まずもち米を研いでから十分にに浸しておいた後に、水気を切り、蒸し布で包んで蒸籠等で蒸す。次に、蒸したもち米をで米粒の形がなくなるまでつき、下記の「主な餅の種類」に記載される形状に成形する[7]。最後に、それらを味付けしたり、きな粉をつけて食べる。

中国広東省福建省江西省などや台湾に住む客家[8]湖南省西部の漢族貴州省ラオスなどのミャオ族(モン族)などには杵と臼で作るつき餅がまだ残っている。餅つきは中国語で「打??」(ダーツーバー、d? c?b?)と称し、親戚や近所の人が集まって行う行事となっている。

この他に、蒸したもち米を使うものとして、中国にはもち米を底の浅い器に敷き込み押し固め、半分潰したようにするものもあり、「糯米?」(ヌオミーガオ nu?m?g?o)、「糯米?」(ヌオミーツー nu?m?c?)などと呼んでいる。加工法としてはぼた餅(お萩、半殺し)に近い。いずれも「餅」という字を用いないのは、「餅」は主に小麦粉を使って円盤状に加工した食品を指すためである。

日本では家庭用の餅つき機が販売されており、羽根で叩きながら練る構造のものが多いが、練り餅よりもつき餅として認識されることが多い。大規模な工場の餅つき機では、杵と臼を備えた構造のものもある。

[4]前ページ
(1.字と文化)
[6]次ページ
(2.1.歴史)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/03 09:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant