サービス終了のお知らせ
▼人気記事ランキング
4.主な餅の種類
4.4.うるち米を使うもの
うるち米の餅を板に付け火であぶり、味噌を塗ったもの。
月見団子
ピンポン玉程度の大きさの丸餅をピラミッド状の三角錐に積み、月に供えてから食べる。地域により形状などに違いがある。
串団子
一口で食べられる大きさの団子状に成形した丸餅数個を串に刺したものを食べる。生のまま、または焼いたものに醤油・砂糖・片栗粉で作った甘辛いタレをからめたみたらし団子(御手洗串団子)や小豆・枝豆などのつぶ餡やこし餡を付けて食べる。醤油を塗って焼いた串団子に海苔を巻いたものを磯辺団子という。
牛蒡餅
うるち米の餅と黒砂糖などを混ぜてケシの実をまぶした餅。
柏餅
柏の葉で包んだ餅。小豆こしあん、味噌あんなどを包む。
鶴の子餅
鳥の子餅とほぼ同じ形状で縁起の良い鶴の卵を象ったもの。紅白の色をしている。すあまで作るものを鶴の子餅と称することが多い。
うる餅、あらかね餅、ぼろ餅、おふく、こごめ餅、たがね餅、ごんだ餅、どや餅
もち米にうるち米を混ぜてついた餅。地方により様々な名称で呼ばれ、味や形も様々である[13]
小米餅
もち米にうるち米を混ぜてつき、米粒を残したもの。
やしょうま
信州(長野県)のカラフルな米粉餅で、名前の起源については釈迦弟子のヤショを偲ぶ、釈迦の奥様ヤソダラ姫に因む、あるいは痩せ馬の姿に似ているからなど複数の説がある[16]
[4]前ページ
(4.3.もち米の粉を練って作るもの)
[6]次ページ
(4.5.デンプンを用いるもの)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/03 09:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant