滅びの笛
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
滅びの笛』(ほろびのふえ)は、日本小説家西村寿行が著した長編パニック・サスペンス田辺節雄により漫画化もされている。
大量発生したと人間たちとの闘いを描く日本を代表するパニック小説。作品内ではこの事件(鼠の大量発生)の原因は全て人間にあるということを繰り返し示しており、西村の現代社会への批判がこめられている。続編の小説に『滅びの宴』がある。
第76回直木賞1976年下半期)候補作。西村寿行としては、前回の第75回(1976年上半期)に続いてのノミネートであり、続く第77回(1977年上半期)にもノミネートされている。
目次
1.刊行経緯
2.あらすじ
3.登場人物
4.漫画版
5.関連項目
出典:Wikipedia
2018/12/02 18:31
ソ人気記事ランキング
2020/01/21 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位清美川梅之
 5位麒麟がくる
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant