明白かつ現在の危険
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
明白かつ現在の危険(めいはくかつげんざいのきけん、: clear and present danger)とは、表現の自由の内容規制に関する違憲審査基準の一つ。アメリカ憲法判例で用いられ、理論化された。違憲審査基準としては非常に厳格な基準であり、対象となる人権(表現内容を根拠とする表現の自由の規制)の制約を認める範囲は、著しく限定的である(自由の制約が違憲とされやすい)。
目次
1.沿革
├1.1.シェンク対合衆国事件
└1.2.ブランデンバーグ対オハイオ州事件
2.「明白かつ現在の危険」の基準
3.日本における「明白かつ現在の危険」
4.参考文献
5.関連項目
6.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/11/17 12:31
ソ人気記事ランキング
2019/12/12 更新
 1位日本
 2位無名塾出身の俳優一覧
 3位松本ちえこ
 4位12月11日
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant