サービス終了のお知らせ
名誉顧問
▼人気記事ランキング
3.名誉顧問
3.4.民間企業における名誉顧問
企業経営においては役員である代表取締役、取締役という法的に定められた職責の他に、会長、副会長、社長、副社長、専務常務といった職制があり、特に会長または社長のうち、代表権を持つ者が企業経営のトップを担ってきた。日本企業では伝統的に社長を退任した者が会長、その後、名誉会長、相談役、顧問と何らかの栄誉職を保持したまま、企業経営に影響力を持つOBが多く見られた[6]。昨今では、平成16年(2006年)には日本国内大手の電子機器メーカー ソニーが顧問制を廃止を謳っており、平成19年(2007年)5月10日の『読売新聞』新聞の報道では、経済同友会が会社役員OB・OGの名誉顧問・相談役の廃止を提言しているように、名誉顧問の職制を廃止する風潮が強まっている[7]。但し、無報酬のかつ権限のない形で名誉顧問の職を置く企業もある[8]

[4]前ページ
(3.3.公益団体における名誉顧問)
[6]次ページ
(4.名誉副顧問)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/06/22 14:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant