名探偵コナンの登場人物
前世占い|性格診断|夢占い
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
5.警察関係者
5.3.府県警

■大阪府警察
服部 平蔵(はっとり へいぞう)
声 - 小山武宏(第77話 - 第712話、劇場版第10作 - 第17作)→山路和弘(劇場版第21作
大阪府警本部長。階級は警視監[228]
服部平次の父で、静華の夫。国家公務員I種(以前は甲種)をパスしたキャリア組
大阪府寝屋川市在住。剣道の腕は一流[229]。慎重で寡黙、かつ冷静沈着な性格。ハードボイルド風の強面こわもてである反面、妻の静華には頭が上がらない。幼なじみの遠山銀司郎とは違い、冗談がまったく通じない。
推理力・観察力は息子をしのぎ、コナン(新一)と同様に平次も父にはまだ勝てない[230]。普段は細目だが、激高して感情的になると片目を見開く[231]。また、重要な要件を告げる場合にも開くことがある。
名前の由来は、戦国時代伊賀忍者服部半蔵と、時代小説鬼平犯科帳』の主人公である長谷川平蔵から。米国版での名前はMartin Hartwell(マーティン・ハートウェル)。
遠山 銀司郎(とおやま ぎんしろう)[6]
声 - 佐古正人(第118話)→小川真司(第263話、劇場版第10作 - 第17作)→てらそままさき(劇場版第21作)
大阪府警刑事部部長。階級は警視長
遠山和葉の父。服部平蔵とは幼なじみかつ親友という間柄で、右腕として信頼を寄せられている。無口でクールなイメージのある平蔵とは対照的に、冗談を言うことが好き。大滝警部からは「遠山のおやっさん」と呼ばれ、慕われている。自分の部下が連続殺人事件の主犯であっても「今はまだ、私の部下です。手を出さんといてもらえますか。」とかばうなど、義理堅い一面を持つ人情家でもある[232]。また、平次の母の静華と同じく、娘の和葉には甘いようである。
名前の由来は、テレビ時代劇『遠山の金さん』の主人公である遠山金四郎から。
大滝 悟郎(おおたき ごろう)
声 - 若本規夫 / 小野坂昌也(高校時代)
大阪府警捜査一課強行犯捜査係の警部。
親しい間柄である服部平次を「平ちゃん」と呼び、彼からは「大滝ハン」と呼ばれている。上司の服部平蔵や遠山銀司郎のことを慕っている。坊主頭で右の眉毛の所に古傷がある。強面だが、懐は広く気さくな人物。頼まれると断れない性格らしく、よく平次やコナンに情報を流している。平蔵からも、大滝の知り合いから事件解決に平次を送るように頼まれることがある。高校時代は野球部に所属していたこともあり、好きな物は野球たこ焼き。出身校は長谷川商業高校で、野球部に所属して地区予選ベスト8まで勝ち進んだ[233]
名前の由来は、時代小説『鬼平犯科帳』の登場人物である大滝の五郎蔵から。
■静岡県警察
横溝 参悟(よこみぞ さんご)[234]
声 - 大塚明夫
静岡県警の警部。登場してからしばらくの間、コナンたちからは「横溝刑事」と呼ばれることが多かった[235]
初登場時[236]埼玉県警に所属していたが、後に異動[237]して静岡県警所属となった[238]。小五郎を純粋に尊敬しており、毎回彼の名推理に期待を寄せている。キャリア組で推理力にも優れているが、やや早とちりな傾向があるほか[240]、「眠りの小五郎」を信奉しすぎるため、普段の小五郎の的外れな推理も真に受けてしまうことがある。幽霊や妖怪の類いには、トリックの可能性を想定せずに真に受けることもあって、コナンと平次に「群馬県警のヘッポコ(山村)と変わらない」と見られてしまう[241]
髪型が名前どおりサンゴの形をしているが[242]、まったく泳げないカナヅチ[243]。口調は丁寧だが、やたらと抑揚を付けて大声で話す。また、取り調べなどで人に話しかける際、鼻先まで顔を近付ける癖がある。悪筆であり、小五郎から警察手帳に書いてあるメモの文字が汚いことを指摘されていた。
容姿はよく似ているが、性格と髪型がかなり異なる双子の弟・重悟が神奈川県警に勤務している。兄弟仲は良好のようだが、原作での共演は1回のみ[244]
道府県警の刑事の中では最古参キャラクター[245]であり、アニメオリジナルでの出演回数も最多である。
名前の由来は、横溝は推理作家の横溝正史から、参悟は前述の通り髪型がサンゴに似ているため。
■神奈川県警察
横溝 重悟(よこみぞ じゅうご)
声 - 大塚明夫
神奈川県警の警部。
横溝参悟の双子の弟。兄とは顔や声がうり二つで[246]階級も同じく警部だが、性格は正反対。髪型は坊主で、温厚な参悟とは対照的に目付きは鋭く、口調も荒っぽい。感情面ではやや直情的な部分が目立ち、取り調べに関しても(現実では違法に近いとされるほど)非常に荒々しい。しかし、体調を崩して倒れた蘭を病院に運んだり[247]、子供を爆発から身をていして守ったり[248]、身勝手な動機で犯した殺人の罪を他人になすり付けようとした犯人に肘打ちで制裁を加えたり[109]と、根は弱い者を守り悪を憎む正義漢であり、地元のチンピラなどからは「横溝のダンナ」と呼ばれ、敬われている。小五郎のことは胡散うさん臭く思っており、「眠りの小五郎」を「煙の小五郎」と呼び間違えている。
少年探偵団や園子との初対面は原作[249]とアニメ[250]で異なるため、前者のエピソードは原作とアニメでキャラクターの台詞に一部差異がある[249]。劇場版での登場は兄よりも先である。
自称・倹約家で、部下と飲みに行く時などはいつも割り勘らしい[244]。なお、幼少時代は兄の参悟と同様に水が苦手だったが、親友である井田 巌(いだ いわお、声 - 菅原淳一)の父に泳ぎを教えてもらったため、現在は克服済み[243]。ブラックコーヒーを好んでいる。
名前の由来は、兄・参悟の名前を数字に変えての掛け算の答え(3×5=15)から。その駄洒落だじゃれのようなネーミングを高木刑事に笑われたこともある[8]
■群馬県警察
山村 ミサオ(やまむら ミサオ)
声 - 古川登志夫[251]
群馬県警の警部[254]。コナン(新一)の母である女優・藤峰有希子の大ファンで、彼女が主演の刑事ドラマを見て刑事になった[42]
明るい性格だが、重度のドジであることに加え、洞察力や推理力はどうして刑事になれたのかとコナンや平次に疑問を持たれるほど低く[257]、「ヘッポコ刑事」と呼ばれている。当初は刑事になってから間もないため、死体が少しでも視界に入れば奇声を上げながら腰を抜かす臆病な面が多かったが、途中からは現場に慣れてきてそういうことは減った代わりに、知ったかぶり的な態度や口調が多くなっていくなど、余計にたちが悪くなる。また、警察官としては当然ながら捜査の基本はわきまえているが、たまに刑事としての品性を疑われるような発言・行動が目立つほか、幽霊や妖怪の類いには青ざめてあわてる描写が散見される。「〜しちゃったりしちゃう」、「〜しちゃってくれる」というような口調が口癖。
小五郎のことを慕っており、「名コンビ」を自称・自任している。また、小五郎と組んで解決した事件の犯人検挙率が100パーセントであることを誇っている[258][259]
見当違いな推理だけでは飽き足らず、周囲の足を引っ張る行動も頻繁に目立っている。不用意に警察手帳を放り投げた結果、暴走した犯人によって無関係な人間[260]を巻き添えにしてしまっただけでなく、犯人の恋人にナイフで襲いかかられた上原を目暮がかばって刺されてしまう展開にまで発展させている[8]。また、担当した密室変死事件を詳しく捜査せずに自殺と決め付けた結果、殺人と確信して犯人を憎む被害者遺族が容疑者と小五郎たちを人質に毛利探偵事務所に立てこもる事件にまで発展し、山村に悪気がなかったにせよ、そのような深刻な事態も招いている[119]。他にも上記の幽霊や妖怪の類いの話には、関係者に「あなたはお化けですか」という意味の職質をおこない、普段はお調子者の小五郎からも「アホかこいつ」などとあきれられてしまう[261]。隣県である長野県警の大和や上原を頼りにしている蘭や和葉からも、山村が現れると迷惑がられている。
コナンが推理ショーを行う際に山村以外の適当な人物がいない場合、または事故・自殺、果ては「宇宙人の仕業」などの無茶な理由で彼が捜査を切り上げて事件の解明を妨害しようとした場合、仕方ないと判断したコナンに眠らされる役割となる。平次には「群馬県警やと…」とあきれられ、「ヘッポコ」というあだ名で呼ばれている。そのため、2017年現在では警察関係者で探偵役をさせられた唯一の存在である[262]
自称のあだ名は「山さん」[263]。また、「妖怪ハンター」を自称する[264]。「山村警部」と呼ばれると気を良くする。
少年時代の容姿は、髪型以外は『ドラえもん』の骨川スネ夫によく似ていた。鳥取県八頭町在住の祖母・ミサエ(声 - 堀絢子)の話を頻繁に口に出す。
名前の由来は、推理作家の山村美紗から。
■長野県警察
大和 敢助(やまと かんすけ)
声 - 高田裕司
長野県警の警部。35歳。
ある事件の捜査中に雪崩に巻き込まれた際、目元を長く縦断する傷痕が残るほどの重傷で左目を失明したうえに足腰も痛めたため、現在は隻眼となり杖をついている[265][266]。口調が乱暴なことに加え、物騒な意味合いの言葉を好んで使うことから誤解を招くこともあるため、阿笠と灰原に警戒されて組織の一員だと勘違いされたことがある[267][268]。敏腕でかなり頭が切れ、県警の刑事の中では作中で「名探偵」と称されている人物とも遜色のない推理力の持ち主であり、諸伏と共に見習いの頃に関わっていた事件の捜査にて、現場の状況と報告書の記述内容の間に存在する細かい矛盾点に気付き、結果的に当時の警察関係者が犯した重大なミスの発覚に行き着いたこともある[111]。また、「眠りの小五郎」についてもすべてを牛耳っているのはコナンであることを看破しており[267]、事件現場に彼が居合わせていることを知ると、捜査に参加させるように現場の上原へ伝えたりしている[111]。難しい事件に直面した際にはコナンの力を借りるために迎えに行くなど[267]、彼の推理力や洞察力・観察力を深く信頼しており、小五郎のことはただの保護者と見なしている。
諸伏とは小学生時代からの同級生でライバル関係だが、対抗心が空回りして冷静さを欠いてしまい、ほとんど勝てたことがないらしい[269]
名前の由来は、戦国時代の武将で軍師の山本勘助から。
上原 由衣(うえはら ゆい)
声 - 小清水亜美
長野県警の刑事。29歳。
旧姓は虎田(とらだ)[270]。大和や諸伏とは幼なじみ[271]。敢助のことは幼少時から「敢ちゃん」と呼んでいたが、現在は上司でもあるため、仕事中に昔の癖で呼んでしまうと彼からたしなめられることが多い。結婚をきっかけに退職していた当時[265]、嫁ぎ先である長野の名家で起こった連続殺人事件によって未亡人となり、事件解決後には大和の勧めに応じて復職した[267]。大和同様に、現場や容疑者の人間関係や発言から細かいところを見逃さずに事件の真相に気付くなど頭脳明晰ずのうめいせきではあるが、敢助や高明とは異なり資料の文面に頼った推理や捜査は苦手な様子で、彼ら2人が深く関わっていた事件の報告書に存在した記述ミスの示唆する重大な意味には気付けなかった。また、世良のホラージョークにおびえるという、蘭や和葉に似た一面を持つ[111][272]
劇場版第13作『漆黒の追跡者』では、地元で広域連続殺人の容疑者の恋人をマークしていた[8]
名前の由来は、上原城と、諏訪御料人[273]から。
諸伏 高明(もろふし たかあき)
声 - 速水奨
長野県警の警部。35歳。
小学校時代からのあだ名は、名前の「高明」を音読みにした「コウメイ」で、通称「所轄のコウメイ刑事」。
東都大学法学部を首席で卒業した後、キャリア試験を受けずにノンキャリアで長野県警に入る。その後、捜査中に行方不明となった大和を見つけようとして上司の命令を無視したうえ、強引に事件を解決したことから所轄の新野署[274]へ異動させられた[269]が、後に自力で県警本部へ復帰した[117]。奔放で変わり者だが、知識に富み有能であるため、大和と同様にコナンが高い推理力の持ち主であることを見抜いており、高明いわく「諸葛孔明のような軍師」とのことで、小五郎よりコナンの推理を真剣に聞き入れているほか、上原の疑問をよそにコナンを現場へ立ち入らせるなど[153]、大和と同様、彼を捜査に参加させることにも積極的である。その反面、コナン(新一)や平次のように推理に集中すると周りが見えなくなる傾向があるため、単独行動に出て犯人に殺されかけたことがある[269][275]
穏やかな口調で話し、『三国志』で賢人たちが教訓として残した言葉や中国の故事にちなんだ言葉をよく使う[276]。立っている際、腕を後ろで組むのが癖。上述のように、大和とは小学生以来のライバルであるが、諸伏が勝利することの方が多いらしい。小学生時代の諸伏たちをモデルにした『2年A組の孔明君!』という本がある[269][277]。車のナンバープレートは「も 624」(諸伏)。
名前の由来は、三国時代の政治家で軍師の諸葛孔明[278]と、彼の異名「伏龍」から。
■京都府警察
綾小路 文麿(あやのこうじ ふみまろ)
声 - 置鮎龍太郎
京都府警警部
公家出身で、それを匂わせる顔立ちにやや高飛車な口調から、あだ名は「おじゃる警部」。白鳥警部とは同期(キャリア組)のライバル関係にあるようだが、彼には嫌がられている。
劇場版第7作『迷宮の十字路』に容疑者の1人として初登場し、その後の劇場版シリーズにも登場するようになった[8][62][11]、オリジナルキャラクターである。また、テレビアニメには劇場版第17作『絶海の探偵』のプレストーリーとして放送された694話「消えた老舗の和菓子」に登場している。
「一番の親友」としてシマリスを飼っており[279]、たまに散歩と称しては肩に乗せて連れ歩いているが、『迷宮の十字路』で自分が小五郎に犯人と疑われた際には、シマリスまで彼のいい加減な推理披露に付き合わされる羽目になった[280]。それ以来、小五郎のことはあまりよく思っていない。
金融|看護助手|懸賞
モテ期|血液型占い|にきび跡
お得!送料無料企画
送料無料アイテムが7800万点以上
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(5.2.公安警察)
[6]次ページ
(6.FBI)

6. 劇場版第14作『天空の難破船』。
8. 劇場版第13作『漆黒の追跡者』。
11. 劇場版第21作『から紅の恋歌』。
42. 単行本14巻File.1「写真があった!!」 - File.8「もう一人の…」(アニメ96話「追いつめられた名探偵! 連続2大殺人事件」)。
62. 劇場版第18作『異次元の狙撃手』。
109. 単行本81巻File.6「浮気調査」 - File.8「居心地の悪い推理」(アニメ740話 - 741話「蘭も倒れたバスルーム」)。
111. 単行本82巻File.11「赤女」 - 83巻File.3「赤の悲劇」(アニメ754話 - 756話「赤い女の惨劇」)。
117. 単行本74巻File.8「EYE」 - 75巻File.2「親子の間の錯視」(アニメ652話 - 655話「毒と幻のデザイン」)。
119. 単行本73巻File.9「名推理を聞かせろ!」 - 74巻File.1「ページをめくれない本」(アニメ648話 - 650話「探偵事務所籠城事件」)。
153. 単行本86巻File.9「啄木鳥」 - 87巻File.2「鞭声粛々夜河を渡る」(アニメ810話 - 812話「県警の黒い闇」)。
228. 原作では触れられていない。また、『コナンドリル』では警視監の「監」が「鑑」と誤植されている[34]
229. 平蔵の旧友で元警視庁捜査一課警視の鮫崎 島治(さめざき とうじ、声 - 柴田秀勝)は、「剣道の試合ではとても歯が立たなかった」と評している。
230. 平次の負けず嫌いな性格を利用し、わざと怒らせて単独捜査をさせることで犯人に対する目くらましに使った際、コナンや平次が捜査をしている最中に自身が臨場し、現場周辺にいた野次馬から被害者の状態を聞いただけで被疑者を特定している。なお、コナン=新一は、探偵としての能力で平次の先を行くこともあるが、推理勝負をした際は引き分けであり、平蔵と比較した場合も、明確に上回っていた描写などもないため、推理力と観察力でどちらが優れているのかは不明である。
231. 単行本31巻File.8「浪花の剣士」 - 32巻File.4「悲しみの虎の巻」(アニメ263話「大阪ダブルミステリー 浪速剣士と太閤の城」)。
232. 単行本19巻File.5「食いだおれの街」 - File.8「免許証の秘密」(アニメ118話「浪花の連続殺人事件」)。
233. 単行本43巻File.10「53,000分の1の悪魔」 - 44巻File.3「試合終了…!?」(アニメ383話「甲子園の奇跡! 見えない悪魔に負けず嫌い」)。
234. アニメでは、9話での初登場時に開いた警察手帳に「横溝正文」と書かれていた。
235. 「刑事」の呼称も間違いではないが、参悟以外で警部以上の階級の刑事は、作中では「名前 + 階級」で呼ばれている。
236. 単行本6巻File.9「祭りの夜」 - 7巻File.1「写真のワナ」(アニメ9話「天下一夜祭殺人事件」)。
237. 単行本8巻File.2「闇の男爵」 - File.7「落下地点の秘密」(アニメ68話 - 70話「闇の男爵殺人事件」)。
238. 作者は「本当はね、刑事の転勤ってないんだよね」とコメントしている[49]
240. 小五郎の妻と会いたがっていたため、彼の横に美女が立っていたりすると妻だと勝手に思い込んでしまう癖があった。その後、ようやく小五郎の本当の妻である妃英理に会えたが、彼女に今までの勘違いを話してしまい、毛利夫妻を気まずくさせてしまった[117]
241. 単行本90巻File.10「宿里村の怪」 - 91巻File.3「悲しき鵺伝説」(アニメ未放送)。
242. 父のかつらと参悟の髪型はよく似ている。
243. 単行本64巻File.1「一角岩」 - File.3「殺気」(アニメ542話 - 543話「魚が消える一角岩」)。
244. 単行本48巻File.4「悪霊の棲む屋敷」 - File.8「13年目の衝撃」(アニメ415話 - 417話「仏滅に出る悪霊」)。
245. 作中の主要な刑事の中では目暮警部に次ぐ古参キャラクターである。
246. 初登場のとき、小五郎に参悟と間違われたほどで、コナンたちはそのときまで参悟に弟がいることは知らなかった。また、トリックを解くカギになったこともある。
247. 単行本34巻File.8「雨のデジャビュ」 - File.10「晴れた記憶」(アニメ284話 - 285話「中華街 雨のデジャビュ」)。
248. 劇場版第10作『探偵たちの鎮魂歌』。
249. 単行本51巻File.4「ため息潮干狩り」 - File.6「混入トリック」(アニメ443話 - 444話「ため息潮干狩り」)。
250. アニメ352話「フィッシング大会の悲劇」(アニメオリジナル)。
251. 原作者によると、最初はチョイ役程度のつもりで登場させたが、担当声優の古川の声が好きだったため、「もっと聞きたい」と考えているうちに原作でも登場回数が増え、結果的に準レギュラー的な役どころになったという。
254. 登場当初の階級は不明だが、劇場版第13作『漆黒の追跡者』の時点で警部に昇進している。後にアニメ[125]と原作[126]でも描写されている。
257. 一度は犯人を取り逃がしてしまったことを平然と先輩の刑事(声 - 菅原淳一)に漏らし、殴られてしまったことがある[127]。また、別の事件で園子を犯人呼ばわりした結果、コナンによって事件が解決した後は園子に殴られてしまった[128]
258. コナンには、ほかの事件は迷宮入りだなと認識されている。
259. 小五郎は見当違いな推理が多いながらも、身内や知人が巻き込まれた際など、真剣に捜査に臨めば時にコナンを上回る推理力も見せるが、山村にはそのような面は見られない。
260. 正体は変装したベルモットであり、偶然を装って事件に介入していた。
261. ゾンビ映画の撮影で起きた事件の時は、ゾンビを犯人と思い込んでコナンと平次に「予想通りの反応」とあきれられる一方、「事件が起きた館に集まったゾンビ(実際は映画のためのエキストラ)の中に犯人のゾンビは紛れて逃げた。そのためにゾンビたちを大勢呼んだ。」と言い、コナンにつじつまが合っている点を感心されてもいる[9]
262. 山村がほかの刑事に「途中で意識を失い、いつの間にか事件が解決することがある」と話して全員に否定された際、コナンから「麻酔針が使える刑事はあんただけだ」と心の中でツッコミを入れられている。同様に眠らされる小五郎のように「本当に自分が解決したのか?」と疑問を感じたり、同じく園子のように記憶が無いことに違和感を思う様子も、山村には見られず、単に「解決できた」と認識しているのみである。[6]
263. 太陽にほえろ!』の山村精一刑事に由来する。
264. 単行本86巻File.5「鎌鼬あらわる」 - File.8「鎌鼬の幕切れ」(アニメ808話 - 809話「かまいたちの宿」)。
265. 単行本59巻File.5「百足(むかで)」 - File.10「陰と雷」(アニメ516話 - 517話「風林火山」)。
266. 身体能力自体にそれほど低下は見られず、杖をつきながら歩行捜査を行っているほか、大柄な身体を活かして力仕事を行ったり、機動隊用のライオットシールドを用いたりする姿も描かれている[79]
267. 単行本65巻File.6「危険な2人連れ」 - File.7「半殺し」(アニメ557話「危険な二人連れ」)。
268. 前述の隻眼という特徴から、コナンも1回だけ組織のラムではないかと疑ったが、黒田兵衛の登場以降そのように考えている描写は見られない[79]
269. 単行本65巻File.8「赤い壁」 - 66巻File.1「絶妙好餌」(アニメ558話 - 561話「死亡の館、赤い壁」)。
270. 正確には嫁ぎ先の姓で、旧姓が「上原」だった。
271. 敢助とはお互いに特別な感情を抱いており、それにまつわることを指摘されると赤面して否定する姿も散見される。なお、高明とは顔なじみ程度である。
272. それを見たコナンからは、「刑事だろアンタ」と心の中でツッコミを入れられた[56]
273. 正確には井上靖の小説『風林火山』での作中名で、山本勘助が愛したと言われる「由布姫」および新田次郎の小説『武田信玄』での作中名「湖衣姫」。
274. 「新野」は中国の新野県に由来する。
275. そのため、コナンは大和から、諸伏が県警に復帰するための手柄を挙げられるように事件解決の手助けをするように頼まれたことがある[132]
276. その言い回しから、作者から「出しづらい」と明言されている。
277. 諸伏の同級生だった作家の小橋 葵こばし あおいの著書で、蘭も読んだことがある。「主人公の少年名探偵」のモデルが高明で、「隣のクラスにいる口の悪いライバル」のモデルが敢助である[132]
278. 担当声優の速水奨は、『横山光輝 三国志』で諸葛亮孔明を演じている。
279. そのため、歩美には「人間の友達がいない」と思われてしまい、少しショックを受けていた。
280. 劇場版第7作『迷宮の十字路』。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/08/06 09:00
縁結び|浮気|てんびん座
さそり座|スピリチュアル|運命の赤い糸
ソ人気記事ランキング
2017/08/17 更新
 1位731部隊
 2位日本航空123便墜落事故
 3位加藤紘一宅放火事件
 4位聖心ウルスラ学園聡明中学校・聖心ウルスラ学園高等学校
 5位インパール作戦
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant