サービス終了のお知らせ
名探偵なんか怖くない
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
名探偵なんか怖くない』(めいたんていなんかこわくない)は、西村京太郎の長編推理小説(三人称小説)。
既存のミステリ作家が創造した東西の名探偵が参集する趣向の、パロディミステリ「名探偵シリーズ」4部作の第1作である。以下の4人が探偵役として共演する(登場順に記載[1])。
初出は1971年昭和46年)で、講談社の当時のミステリ叢書企画「乱歩賞作家書き下ろしシリーズ」の一冊として刊行された(時代設定は1970年[3])。元版の装丁は、小林泰彦
なお、本作は4人の名探偵の過去の事件について、ネタバレが含まれている(作品名については、#「名探偵」への批判#作中で触れられる原典を参照)。
目次
1.あらすじ
2.登場人物
└2.1.4人の名探偵
3.シリーズ名と「パロディ」について
└3.1.続編
4.脚注
出典:Wikipedia
2019/08/22 18:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant