名越切通
▼人気記事ランキング
3.関連史跡と近隣の名所
3.1.まんだら堂やぐら群
名越切通東側の尾根上近くは、崖面に多数のやぐらが3段、4段と重ねて掘られている。この近辺のみでその数は150以上確認されており、鎌倉周辺地域でも有数の大規模やぐら群となっている。
「まんだら堂」という地名は文禄3年(1594年)の検地帳で初めて確認できるが、当時すでに地名として残っていたのみで、どのような建物であったかは判っていない。
戦後、このやぐら群のある土地は法華経行者が「妙行寺」の名で庵を結び、あじさい畑を育てていたが、死後閉鎖された。その後逗子市が一帯の私有地を買い取り、名越切通しから大切岸までも含め、歴史公園として整備する計画を進めている(2014年2月現在)。
まんだら堂跡に関しては、整備を進める過程で数度の発掘調査が行われている。調査の結果、やぐらの多くが掘られた崖面は、尾根の頂近くを残して大きく岩盤を削り込んで作られた人工的なもので、その過程で発生した残土で前面の斜面に盛土を行い、平場を広げていることが確認された。やぐら近くでは、平場の岩盤に長方形の穴を掘り下げ、遺体を火葬したと考えられる跡も複数確認されている。こうして荼毘に付された遺骨がやぐらに納められたのではと考えられている。出土遺物から推定すると、やぐら群は鎌倉時代後半(13世紀末頃)から造られ始め、室町時代の中期(15世紀)まで使われたものと考えられる。
平場からは多くの小石塔の部品が発見されており、この土地の元の持ち主により、やぐらの中に多くの石塔が組み立てられているが、石塔の位置・組み合わせは本来とは異なっていると思われる。
平成18年度(2006年度)の発掘調査では、尾根上の岩盤をコの字形に切り、中央に切石を敷いた遺構が発見され、またその遺構近くに斬首されたと考えられる頭蓋骨1個が埋められた土坑も発見された。切石敷遺構は石塔の基礎とも考えられ、斬首された高位の者の供養塔であった可能性もある。
近年は年に数回の特別一般公開が行われてきたが、平成26年度(2014年度)中を目途に、やぐら群の常時公開を目指した整備事業が進められている[5]
[4]前ページ
(3.関連史跡と近隣の名所)
[6]次ページ
(3.2.大切岸)

5. 国指定史跡 名越切通(逗子市役所)

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2015/07/31 20:02
ソ人気記事ランキング
2019/11/12 更新
 1位日本
 2位田代まさし
 3位リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
 4位IT (映画)
 5位11月11日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant