サービス終了のお知らせ
無人島
▼人気記事ランキング
4.無人島を舞台とした作品
4.1.文学作品内の『無人島』
無人島は、しばしば都市文明の対極にあるものとして描かれる。デフォーが著した『ロビンソン・クルーソー』をはじめ、しばしば文学作品などのテーマとして取り上げられる。多くの場合、その意図は、文明社会から隔絶された人間を描くことで、人間や人間社会の本質を浮き彫りにしたり、通常は所与のものと考えられている科学宗教教養、人との関わりなどが人間にとって本当に必要か否かといったことを考えさせる点にあるといえる。

ロビンソン・クルーソー
十五少年漂流記
蝿の王
漂流吉村昭作、伊豆諸島鳥島がモデル)
夏の朝の成層圏(池澤夏樹
東京島
[4]前ページ
(3.無人島の理由)
[6]次ページ
(4.2.漫画における無人島)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/07 18:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant