無線呼び出し
▼人気記事ランキング
2.技術
単方向通信であるので受信の確認に別の手段が必要である。また、携帯電話などの双方向通信と比較して加入者の位置追跡が困難である。そのため、他のサービス地域で呼出しを受信するためには、利用者自身が位置登録を行う必要がある。

周波数帯域あたりの加入者収容能力は非常に大きい。しかし輻輳時は呼出しまでの時間遅れが大きくなる。また、小容量の電池で長時間の使用ができるように、受信機をグループ別に分け、通信時間を限定する間欠通信方式となっている。

高出力の複数の送信局から同期した信号を送信し、広いサービスエリアを確保しており、同報通信に威力を発揮する。また、高速化に伴い送信局間のより精密な同期が必要となっている。

制御装置から送信局への情報の伝送は、狭い範囲の場合有線通信や地上固定無線通信が用いられ、広域のものは通信衛星回線が用いられることがある。また、端末への伝送手段としてFM放送に重畳するFM放送ページャーが一部の国で用いられている(日本でも制度上は実施可能[3])ほか、通信衛星からの電波を直接受信し全世界で利用可能な衛星ページャーも提供されている。

150MHz帯 需要の少ない地域で用いられている。
250MHz帯 世界的に広く使用されている。日本のPOCSAG:最大空中線電力250W
450MHz帯 一部地域で用いられている。欧州のPOCSAG
900MHz帯 建築物内への浸透性が悪いため中継設備が必要になる場合がある。欧州のERMES、北米のReFLEX:最大空中線電力1kW
[4]前ページ
(1.概説)
[6]次ページ
(3.1.課金方式)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/01 19:30
ソ人気記事ランキング
2019/11/18 更新
 1位日本
 2位沢尻エリカ
 3位伊藤綾子
 4位滝口幸広
 5位11月17日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant