無線呼び出し
▼人気記事ランキング
3.日本の無線呼出事業
3.7.今後
総務省も次のように無線呼出しにかかる周波数帯を見直すとしている。

2012年10月 - 周波数再編アクションプラン(平成24年10月改定版)[13]で「280MHz帯電気通信事業用ページャーの帯域幅見直しとセンサーネットワーク用周波数として5MHz幅程度の確保を検討する」と周波数帯の見直しを検討することを明らかにした。(ポケットベルの周波数帯域縮小の検討)
2013年10月 - 周波数再編アクションプラン(平成25年10月改定版)[14]で前年公表の帯域幅見直しとセンサーネットワーク用周波数の確保について「平成25年度内に結論を得る」とした。(センサーネットワーク用の通信規格の違いによる、必要な帯域幅の調査)
2015年10月 - 周波数再編アクションプラン(平成27年10月改定版)[15]で「FM多重方式を用いる電気通信事業用ページャーについて、既存の無線局がなく、今後も開設される見込みがないことから、周波数割当てを見直す」とした。(ポケットベルの廃止の検討)
2016年11月 - 周波数再編アクションプラン(平成28年11月改定版)[16]で「今後のサービス需要動向を注視し、サービス需要に応じて周波数の割当てを見直す」とした。(「280MHzデジタル同報無線システム」サービスの拡大に伴い、現状維持に転換)
2017年11月 - 周波数再編アクションプラン(平成29年11月改定版)[17]で「今後のサービス需要動向を注視し、サービス需要に応じて周波数の割当てを見直す」とした。(現状維持)
2018年11月 - 周波数再編アクションプラン(平成30年11月改定版)[18]で「今後のサービス需要に応じて周波数割当てを見直す」とした。(現状維持)
2019年9月 - 周波数再編アクションプラン(令和元年度改定版)」[19]で「今後のサービス需要に応じて周波数割当てを見直す」とした。(現状維持)
[4]前ページ
(3.6.1999年 - 2019年(消滅から防災向けへ))
[6]次ページ
(3.8.大口利用の事例)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/01 19:30
ソ人気記事ランキング
2019/11/19 更新
 1位日本
 2位沢尻エリカ
 3位元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件
 4位伊藤綾子
 5位メチレンジオキシメタンフェタミン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant