無線呼び出し
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
無線呼び出し(むせんよびだし)とは、特定の手順によって、電波で小型受信機(通信機器)に合図を送るシステムである。主に連絡を取りたい相手が持っている通信機器に情報を知らせるために用いる。
日本ではポケットベル、または略してポケベルとも呼ばれる。個人需要が高く最盛期を迎えた1990年代平成)の流行期には若者ユーザーからは更に省略され、ベルの愛称で呼ばれた。英語ではpager(ページャー)またはbeeper(ビーパー)という。台湾ではBBCALLという。
電気通信事業者による電気通信サービス(公衆呼出し。日本ではNTTドコモグループ及びテレメッセージ各社が提供していた)と、特定の工場やビル内などを対象に設置されたもの(構内呼出し)がある。
警察無線消防無線の受令機も広義の無線呼出しである。こちらは無線電話の音声を受信でき、全対象者に命令の一斉伝達が、また聴いているであろう特定の相手を名指しすることで簡単な伝言が出来る。
2017年4月6日以降、日本では電気通信事業者による無線呼出しサービスを、2008年10月にYOZANから会社分割した「2代目」東京テレメッセージが既存の顧客へのみ提供していたが、一般向けのサービスを2019年9月に廃止。これ以降は、自治体向けの「280MHzデジタル同報無線システム」のみで利用されている。
目次
1.概説
2.技術
3.日本の無線呼出事業
├3.1.課金方式
├3.2.1968年 - 1985年頃まで (黎明期)
├3.3.1985年頃 - 1991年頃まで(発展)
├3.4.1992年頃 - 1996年前半まで(隆盛)
├3.5.1996年後半 - 1998年(衰退)
├3.6.1999年 - 2019年(消滅から防災向けへ)
├3.7.今後
├3.8.大口利用の事例
└3.9.通信自由化後の新規参入事業者
4.構内呼出し
5.台湾の無線呼出事業
6.日本国外の事業者一覧
7.ポケベルが登場する作品一覧
├7.1.テレビドラマ
├7.2.テレビ特番
├7.3.漫画・アニメ
├7.4.映画
└7.5.音楽
8.脚注
9.関連項目
10.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/10/01 19:30
ソ人気記事ランキング
2019/12/09 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant