サービス終了のお知らせ
眠れる美女
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
眠れる美女』(ねむれるびじょ)は、川端康成中編小説。全5章から成る。「魔界」のテーマに連なる川端の後期を代表する前衛的な趣の作品で、デカダンス文学の名作と称されている[1][2][3]。すでに男でなくなった有閑老人限定の「秘密くらぶ」の会員となった老人が、海辺の宿の一室で、意識がなく眠らされた形の若い娘の傍らで一夜を過ごす物語。老いを自覚した男が、逸楽の館での「眠れる美女」のみずみずしい肉体を仔細に観察しながら、過去の恋人や自分の娘、死んだ母の断想や様々な妄念、夢想を去来させるエロティシズムとデカダンスが描かれている。第16回(1962年度)毎日出版文化賞を受賞した[4]
これまで日本で2度、海外で3度(フランスドイツオーストラリア)映画化された。
目次
1.発表経過
2.あらすじ
3.登場人物
4.作品背景
5.作品評価・研究
6.代筆疑惑
7.映画化
8.オペラ化
9.おもな刊行本・音声資料
└9.1.全集収録
10.脚注
├10.1.注釈
└10.2.出典
11.参考文献
12.関連項目
13.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/11/24 01:34
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant