サービス終了のお知らせ
民主主義
▼人気記事ランキング
7.議論
7.5.自由主義との関連
多数派による支配を意味する民主主義と、個人の自由を最大限に尊重する自由主義が緊張関係にある事は、フランス革命以来、繰り返し強調されてきた[85]バンジャマン・コンスタンアレクシ・ド・トクヴィルジョン・スチュアート・ミル等は、次第に権力を増大させ、道徳的・知的な権威さえも確保しつつあった「民主主義」(の名の下に政治を支配する多数派)の圧力から、個人の自由を守る自由主義の視点より議論を展開した(自由民主主義)。他方でカール・シュミットは、ジャン=ジャック・ルソー一般意思論を踏まえ、民主主義は最終的には一連の同一性(ドイツ語: Identit?t)の承認により成り立つため、価値の多元性を前提とする自由主義や議会は民主主義の妨害要素で、官僚化により形骸化した議会よりも、人民の喝采により支持を受けた独裁者による民主主義(人民の主権的決断・独裁)を提示し、議会制(間接民主主義)を補う国民票決国民発案直接民主主義)を主張した[85]

[4]前ページ
(7.4.独裁との関連)
[6]次ページ
(7.6.世論)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/19 18:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant