味の素
▼人気記事ランキング
3.グループ会社
3.2.関連企業
味の素エンジニアリング
味の素コミュニケーションズ
EAファーマ - 消化器疾患に特化した医薬品の製造・販売。2016年(平成28年)4月にエーザイの消化器疾患領域事業を味の素製薬(2010年(平成22年)4月に、味の素本体の医薬品事業部と、味の素ファルマ・味の素メディカの両社が統合して発足)が吸収分割により継承し、新たに発足。エーザイの子会社であるが、当社の持分法適用会社でもある。
味の素AGF(AGF)
味の素トレーディング
味の素トレジャリー・マネジメント
F-LINE - 2019年(平成30年)4月に味の素物流がカゴメ物流サービス、F-LINE(初代)、九州F-LINEの3社とハウス物流サービスの一部事業が統合されるとともに、ハウス食品グループ・カゴメ・日清フーズ・日清オイリオグループの4社からの出資を受け、商号変更された。
味の素ベーカリー
味の素ヘルシーサプライ
味の素冷凍食品
味の素ダイレクト
J-オイルミルズ - 旧味の素製油・ホーネンコーポレーション・吉原製油の3社が統合
味の素アニマル・ニュートリション・グループ
味の素ニュートリション
北海道味の素
日本プロテイン
デリカエース
NRIシステムテクノ - かつて味の素100%子会社であったが、51%の株式を野村総合研究所に譲渡し、持分法適用会社となった。
味の素パッケージング
味の素ファインテクノ
味の素食品
味の素食品北海道
味の素AFMトレーディング
ヤマキ
沖縄味の素
Ajinomoto Aminoscience LCC - Ajinomoto USA, Inc.の子会社。Ajipureブランドで、アメリカのcGMPs(医薬品適正製造基準)品質のBCAA等を製造。
プリマハム - 味の素が大株主
伊藤ハム - 2008年(平成20年)に業務提携。伊藤ハム米久ホールディングス傘下。
日本ケロッグ - 一部商品を味の素が販売する業務提携
シマダヤ
黒川乳業
[4]前ページ
(3.1.事業所)
[6]次ページ
(3.3.過去の主なグループ会社)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/07 22:30
ソ人気記事ランキング
2019/07/18 更新
 1位日本
 2位しみけん (AV男優)
 3位伊藤春香 (編集者)
 4位7月17日
 5位ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant