魔界島 七つの島大冒険
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
魔界島 七つの島大冒険』(まかいじま ななつのしまだいぼうけん)は、1987年4月14日カプコンから発売されたファミリーコンピュータアクションアドベンチャーゲームである。
開発はカプコン第1企画室が行い、ゲーム・デザインは後に『ロックマンシリーズ』(1987年 - )を手掛けた黒川真圭、音楽は後にアーケードゲームファイナルファイト』(1989年)を手掛けた藤田晴美が担当している。
ゲーム内容は主人公の「モモタルー」を操作し、伝説の大海賊キャプテン・ビアドが隠したとされる財宝を探し出して島民に平和と豊かな生活をもたらす事を目的としている。
同社のアーケードゲームひげ丸』(1984年)を元にした作品[2]であり、同作品の主人公のモモタルーや敵キャラクターのひげ丸なども登場するが、「樽を投げつけて敵を倒す」という要素以外はまったく新しく作られており、ステージも1画面固定ではなく、切り替えスクロールによる十数画面分の広さを持つ島々が舞台となる。また、基本的に各島ごとにいるボスを探し出し、倒すことでゲームを進めて行くことになるが、次第に謎解きの要素も増えて行き、島々に隠されたそれらの謎を解き明かして行かない限り、最終目的を果たすことができないようになっている。
当初はアーケードの『ひげ丸』のファミリーコンピュータへ移植版と、ファミリーコンピュータオリジナル企画の『魔界島』と2本の別々のタイトルで開発は進められていた。途中から『ひげ丸』が『魔界島』の企画へ吸収される形となり、最終的には『魔界島 七つの島の大冒険』の1本のタイトルへと企画変更された[3]
同年にMSX2にも移植され、2006年には携帯電話アプリゲームとしてiアプリにて配信された。
目次
1.ゲーム内容
├1.1.システム
└1.2.アイテム
2.ステージ構成
├2.1.海上
├2.2.
└2.3.謎の大陸
3.移植版
4.スタッフ
5.評価
6.脚注
7.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/07/04 19:31
ソ人気記事ランキング
2019/08/25 更新
 1位日本
 2位文京区幼女殺人事件
 3位飯田祐基
 4位名古屋小6受験殺人事件
 5位山本美香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant