本場所
愛内里菜|ほくろ除去|現金
ネットでお得にコンタクトレンズ購入
コンタクトレンズ・ケア用品豊富な取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
6.場所ごとの逸話など
6.1.初場所
古くは1月場所は「春場所」と呼ばれた。1953年に大阪場所が出来て年4場所制となった時には1月場所は「初場所」か「春場所」かで協会発表に混乱があり、騒動になった。後で当時責任者だった年寄楯山(元幡瀬川)の明かしたところでは、マスコミを利用した話題づくりだった。
この場所で大関横綱への昇進を果たした力士は多く、「祝儀場所」の異名もある。
その反面、この場所で引退する横綱・大関も多い。
中日8日目は天覧相撲になることが多い。
1989年の初場所(=平成最初の場所)は1月8日日曜日)に初日の予定であったが、昭和天皇の崩御の関係で翌日の1月9日月曜日)に変更。初日が日曜日以外の曜日に行われたのは戦後の15日制復活後、初めてのことであった。
マーガレットコミックスベルサイユのばら第13巻』(集英社)が2017年初場所の懸賞として掲出し、話題となった。
名勝負
1960年12日目、小結柏戸 - 前頭13枚目大鵬
新入幕で連勝する大鵬に、小結柏戸が「止め男」として当てられた柏鵬初顔合わせ。後の柏鵬戦とは逆に攻めまくる大鵬を、柏戸が逆転の出し投げで下した。
1981年千秋楽 横綱北の湖 - 関脇千代の富士(優勝決定戦)
ウルフフィーバーの巻き起こった場所。14連勝の千代の富士を1敗で追う北の湖が吊り出しに破って決定戦に持ち込んだが、この時北の湖の左足首が悪いのを見破った千代の富士が上手出し投げで決定戦を制し初優勝。大関昇進も果たす。
2015年13日目 横綱白鵬 - 大関稀勢の里
この前の取り組みで、日馬富士が敗れ、白鵬がこの取り組みに勝てば、大相撲の日本新記録となる33回の優勝が決まる一番だったが、本割では両者同体となり、物言い・協議の上取り直し。その取り直しで白鵬が勝ち、日本新記録の33回優勝が決定した。白鵬はこの場所を15連勝の全勝で、新記録達成に花を添えた。
てんびん座|懸賞|霊感
縁結び|脱毛|がん保険
ギフト選びなら楽天市場へ
結婚祝い・出産祝い・内祝い…贈るシーン別に探せる♪
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(5.かつて使われていた会場)
[6]次ページ
(6.2.春場所)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/07/11 23:00
おひつじ座|スピリチュアル|血液型占い
手相|エステ|ふたご座
ソ人気記事ランキング
2017/07/26 更新
 1位小原裕貴 (元タレント)
 2位平尾昌晃
 3位ぼくらの勇気 未満都市
 4位コンコルド墜落事故
 5位オーロラ銃乱射事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant