本場所
▼人気記事ランキング
2.本場所の進行
本場所は毎日、寄せ太鼓で始まる。これは8:00頃である。この後序ノ口から順番に取組が始まるが、3日目から中盤にかけてはその前に前相撲が行われる(新弟子が多い3月場所は2日目から)。
序ノ口、序二段三段目幕下と取り進み、幕下の相撲が残り5番になった時点で、十両力士の土俵入りが行われる。かつては幕下取組終了後に行われていたが、昭和40年代末のオイルショックの際に光熱費節減のため、土俵入り後の休憩時間省略を目的に時間変更された。この時点で14:20頃になる。初日と千秋楽は、十両残り3番を残して協会理事長からの御挨拶が入る。十両取組終了後に幕内力士の土俵入り・横綱土俵入りが行われる(15:50頃)。千秋楽では十両以下各段の優勝決定戦および優勝力士の表彰が行われる。
土俵入り後は中入の休憩時間に入り、初日は賜杯優勝旗返還式が行われる。また、1・5・9月場所初日では優勝額除幕式、1月場所初日では年間最優秀力士の表彰式も行われる。2日目から13日目までは、時間に余裕がある時は翌日の幕内取組を紹介する「顔触れ言上」が行われる。幕内取組が半分消化したところで、時間調節のための小休止がある(17:00頃)。
幕内取組終了後に弓取式が行われ、ここまでで1日の興行はすべて終了となる。時刻はこの時点で大相撲中継終了の18:00になるように調節されている。千秋楽は弓取式後に幕内最高優勝の表彰式(場所によっては先立って優勝決定戦)が行われるため、全日程が30分ほど繰り上がる。
[4]前ページ
(1.1.本場所の名称)
[6]次ページ
(3.かつて使われていた会場)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/12/08 19:00
ソ人気記事ランキング
2018/01/23 更新
 1位石狩沼田幌新事件
 2位札幌丘珠事件
 3位福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件
 4位三毛別羆事件
 5位小室哲哉
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant