本場所
相性占い|おひつじ座|婚活
ネットでお得にコンタクトレンズ購入
コンタクトレンズ・ケア用品豊富な取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
6.場所ごとの逸話など
6.5.秋場所
長期に及ぶ夏巡業の後の本場所であるため、ここで大きく「化ける」力士も多い。
同様に夏巡業を経て再起を目指す、連続休場明けの横綱がよく登場する。
1955年は勤務で本場所を観戦できないビジネスマンにも会社帰りに大相撲を楽しんでもらおうとの配慮から、午前10時30分から取組開始、午後5時30分に中入り、午後8時に打ち出しという「ナイター興行」で行われた。ナイター興行はビジネスマンには好評だったが、力士にとってはコンディション作りが難しく、体調を崩す力士が続出、また遠隔地向けの版に間に合わないという理由で新聞社からクレームが入り、1場所限りで取りやめとなり、2015年1月現在では、現状唯一のナイター本場所である[9]
しかも、このナイター本場所の11日目において、横綱千代の山対関脇若乃花の取り組みが、史上最長となる合計17分15秒の「大相撲」となる珍事があった。本割で2回にわたり水入りの中断があり、更に力士の疲労を考えて、次の2番を先に消化してから取り直しとなり、結果引き分けとなった。このため、打ち出しは夜8時15分と最も遅いものとなった[9]
2000年シドニーオリンピック開催に伴い第1日曜日(9月3日)が初日となった。
俳句では相撲の季語。
名勝負
1955年11日目 横綱千代の山対関脇若乃花(上述)
1984年千秋楽 前頭6枚目小錦 - 大関琴風
入幕2場所目で上位力士をなぎたおし優勝を争っていた「小錦旋風」を、三役陣最後の砦として琴風が止めた一番。結果、蔵前国技館最後の優勝は平幕の前頭12枚目多賀竜となった。
おうし座|四柱推命|スピリチュアル
資格|縁結び|愛内里菜
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(6.4.名古屋場所)
[6]次ページ
(6.6.九州場所)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/07/11 23:00
転職|ほくろ除去|運命の赤い糸
前世|結婚|手相
ソ人気記事ランキング
2017/07/26 更新
 1位小原裕貴 (元タレント)
 2位平尾昌晃
 3位ぼくらの勇気 未満都市
 4位コンコルド墜落事故
 5位オーロラ銃乱射事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant