法の下の平等
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
法の下の平等(ほうのもとのびょうどう)とは、国民1人1人が国家との法的権利義務の関係において等しく扱われなければならないという観念。平等則(びょうどうそく)または平等原則(びょうどうげんそく)と呼ばれることもある。近代憲法では「平等」は基本的な原則であり、多くの国でこのような規定が見られる。ただし、平等原則の規定・用語については国や時代により微妙に差異があり[1]、法の前の平等として規定されている場合もある[2]
目次
1.概説
2.平等の観念
├2.1.絶対的平等と相対的平等
└2.2.形式的平等と実質的平等
3.日本
├3.1.大日本帝国憲法(明治憲法)
└3.2.日本国憲法
4.注釈
5.関連項目
6.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/06/12 09:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/23 更新
 1位日本
 2位清須会議 (小説)
 3位清洲会議
 4位逆鉾昭廣
 5位9月22日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant