不確かさ (測定)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
不確かさ(ふたしかさ、: Uncertainty)とは、計測値のばらつきの程度を数値で定量的に表した尺度である。不確かさは通常、0 以上の非負の有効数字で表現され、不確かさの絶対値が大きいほど、測定結果として予想されるばらつきの程度も大きい。測定に不確かさを添付する場合には、それぞれの測定量または測定器などに、その測定の不確かさが添付される。「不確かさ」のかわりに、「相対不確かさ」という、不確かさを測定した値で割った量が用いられる場合もある。すべての測定は、不確かさの対象となる。
目次
1.由来
2.「不確かさ解析」とは
└2.1.数値計算における誤差解析
3.性質
├3.1.統計手法としての位置づけ
└3.2.国際規格における位置づけ
4.種類
5.表記
6.評価方法
7.不確かさ解析の独立性
8.計量行政のトレーサビリティ制度における「不確かさ」
├8.1.不確かさと国家標準器
├8.2.不確かさと実験
├8.3.実験式・経験式の校正
├8.4.国家標準器はその国でもっとも小さい不確かさを持つ
└8.5.JCSS校正との関係
9.歴史的背景
├9.1.不確かさ概念の導入の経緯
└9.2.科学における測定の国際共通化
10.不確かさに併記された確率の意味
├10.1.真値との関係
└10.2.間接的な歴史的背景
11.脚注
└11.1.出典
12.参考文献
13.関連項目
14.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/08/11 23:32
ソ人気記事ランキング
2019/09/15 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位池田大作
 4位9月14日
 5位早坂隆信
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant