浜田幸一
星座占い|無料占い|にきび跡
毎日更新!楽天ランキング
最新売れ筋商品が一目瞭然!
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
2.逸話
2.7.その他
その強面からは意外だが本人曰く「下戸」だと言う。これは息子の靖一も同様らしい。
歌好きであり、自作の『お母さんの歌』を、涙を流しつつよく歌っていたことがあった[21]。また本項の「音楽」の節にあるように、曲を出したり、作詞提供、台詞入れでも活動していた。特に印象にある歌手として、ディック・ミネ田端義夫を挙げていた[22]
時代劇好きでもあった。理由は「今の時代の中で失われつつある正義感というものがはっきり表現されている」からで、好きな俳優に松平健高橋英樹を挙げていた[23]
野球も好きであり、兄も野球の投手をしていたことで、その相手として捕手役を務めたことがその始まりであった。高校野球を見るのも好きで、千葉県大会で観た習志野高校時代の掛布雅之のバッティングが印象に残ったことで、知り合いの巨人のスカウトに掛布を推薦したことがあった[24]
選挙区で、浜田の出身地である富津市の二代目市長だった白井長治は、ハマコー嫌いで知られていた。県連会長や自治体の首長が議員よりチカラを持っているのが珍しくない関東地方で、白井の豪腕ぶりも有名だった。講談社月刊誌「現代」(1981年2月号)の取材で、白井はラーメンの汁がついたワイシャツのままインタビューを受けている。記者が「浜田さんは何で選挙に強いんですか?」と聞くと、白井は「コレに決まってんだろう」と、太い親指と人差し指で輪を作ってみせた。「議員も議員なら市長も市長だ」とこのインタビューはまとめている。
選挙の際の自己紹介は、「浜」で働き、「田」で働き、「幸」せ、「一」番であった。人心掌握術には卓越したものがあった。選挙カーで地元を回っているとき、田んぼで農作業をしている有権者が手を振ってくれている姿を確認すれば、車を停めてスーツと革靴のまま田んぼに入って行き、泥だらけのその手を両手で握りしめ相手を感動させる、といった逸話が伝わっている。そのために同じスーツを何着も持っていて、車に常備していたらしい。
千葉県議会議員時代に小佐野賢治と出会い、以後は不動産取引で大もうけした。昭和44年の衆議院議員選挙で初当選した時、出馬当初はほとんど泡沫候補扱いされていたが、大規模災害時には大雨などにも関わらず、浜田一人で各家庭にろうそくを配るなど、日頃の行動が実を結んだ当選である、と自称している。
当時、田中角栄が属していた佐藤栄作周山会入りを希望するも、同期当選の佐藤派議員数名から「ヤクザのハマコーが佐藤派に入るのなら、派閥から出て行く」という声が上がり、断念。角栄の命を受けて、川島正次郎の許に身を寄せる。川島と角栄の他、中川一郎、金丸信に師事した。
元々青嵐会は、田中角栄内閣による中国共産党一党独裁国家である中華人民共和国との間の所謂「日中国交正常化」に伴う、同国と対立している中華民国との国交断絶に反発した若手議員による政策集団、という色彩が濃厚であったが、浜田はその中でも特に強硬な親中華民国、反中華人民共和国派議員であった。後の福田赳夫内閣における日中平和友好条約承認審議を巡って、青嵐会の取った抵抗は本会議の欠席であった。しかし浜田と中山正暉だけはあえて出席し、反対票を投じている。この時浜田は「青嵐会が中華民国に対して、信義を重んじる世界の人々に対して、公約を実行できなかったことを顔向けできないことだと思っている」と語った。
さらに青嵐会は田中に対する反発から、昭和49年の参議院議員選挙において、既に自民現職が2人もいる北海道選挙区(定数4)に「青嵐会公認」と称し無所属の高橋辰夫を立てる。この時浜田も高橋の応援に駆けつけている。高橋は落選したものの意外に票を取り、結果現職2人も共倒れとなった。非公認候補の擁立、応援はれっきとした党規違反であり、ましてや北海道の全議席を失なった責任は重大であった。しかし浜田含む青嵐会への処分は不問とされた。
自著『弾丸なき抗争』で、「田中角栄三木武夫福田赳夫の3人の権力亡者は今すぐ死ね」と言い切っている。田中は、その出版記念パーティーで「浜田君に死んじゃえと言われた田中角栄です」と挨拶して、会場の爆笑を誘った。しかし、浜田本人はカーテンの陰で終始かなりムッとしていた、という。
竹下登が、衆議院予算委員会英語を引用して「There is no rule without exceptions.(例外のない規則はない)」と答弁したところ、予算委員長の浜田は「総理、ここは日本国会ですから、日本語で答弁してください」と注意した。
新人議員のころ、国会内で英字新聞を読んでいた人物に対し、「日本の国会議員なら日本語の新聞を読みなさい」と言った。するとその人物は「英語かぶれ」で有名な宮澤喜一だった。議員歴、年齢共に先輩である宮澤に対し、さすがの浜田も恐縮していると、宮澤は「国会議員なんだから、浜田さんも英字新聞くらいお読みなさい」(英語の理解と広い国際視野の獲得せよという意味合いの激励と見られる)と返した。この言葉に浜田は「自分では勉強できないと思ったので息子(靖一)を留学させて、勉強させた。」と語る。上記のように他国に対し、強硬な主張をすることが多い浜田だが、このエピソードは好意的に語ることが多い。
三木武夫に向かって「話し方やら性格やら、私は三木さん、あなたが大嫌いだ」と、言ったという話も残っている。三木おろしの最中の自民党両院議員総会では、「誰が辞めさせるといったって、本人が辞める気にならなけりゃ辞め(させ)られない。だから中曽根(康弘)幹事長は偉いと言ってるんだ。嫌がる人をようやく辞めさせる気になったんだから!」と演説、壇上の三木は腕を組んで険しい表情のままであった。
森喜朗の政治姿勢を厳しく批判することが多く、テレビタックルでは、内閣総理大臣だった森のことを「あんなの」と呼び、共演者の笑いを誘った。また、自民党の幹事長会に出た現職首相の森に「森、てめぇこのやろうぶっ飛ばすぞ」と言い、それを止めに入った古賀誠幹事長に「調子にのってんじゃねえぞ」と言った。森は苦笑いをしていた。
東京湾アクアライン建設の立役者。神奈川県川崎市千葉県木更津市をつなぐ高速道路の建設を推進した。建設費は1kmあたり1,000億円で、僅か15km程の道路で建設費用が約1兆5,000億円も掛かったという。川崎市から海ほたるパーキングエリアまでは海中道路で、海ほたるPAから木更津市は海上道路となる。アクアラインの通行料4,000円が高いことや、通行する自動車数が予測よりも少なく、赤字となっており、国会などでも問題となった。この点を指摘されると「私の責任です」と言い、続けて「あと100年後したら、必ずこの事業の意義が分かる時がくる」と述べた。
自らの過去の行動を顧みて、息子だけは立派に育てて社会に恩返しをするとの信念から、息子・浜田靖一を幼少の頃から渡辺美智雄の家に預ける。1993年7月、靖一に地盤を譲り政界引退。羽田孜から新党への誘いを受けていたが、これを固辞。本人は後年インタビューで「二世議員なんてもってのほかだと思っていたから、息子が政治家を目指すにしても地盤を継がせる気はなかった。でも自分の意に沿わない後継者が選ばれるのは嫌でしょうと説得された」と語っている。靖一の選挙に応援することはほとんどなかったが、平成21年の衆議院総選挙で自民党候補が軒並み苦戦し、防衛大臣の職にあった靖一は地元で十分な運動が出来なく、落選のピンチに陥った際には、息子の応援演説に立ち、木更津駅前でながらに土下座し「どうか、どうか、靖一を勝たせてやって下さい」 と叫んだ[25]
衆議院予算委員会において、日本社会党安宅常彦に対し「黙れ!強姦野郎!」「強姦をやるのとはわけが違うんだぞ!」と、野次を飛ばし問題となった。しかし結果的に浜田自身は何の処分も受けず、逆に安宅の方が、次期総選挙で党公認を貰えず引退に追い込まれている。
1989年(平成元年)の日本社会党のマドンナブーム直後に「社会党は北朝鮮から金を貰っている」と発言した。
1993年(平成5年)の政治改革関連法案の是非を決める総務会で、ピケを張り開会を妨害しようとする若手議員に対し、わざと躓き「人殺しが」と絶叫するシーンは、今でもテレビ番組でよく放映されている。
1996年(平成8年)開催予定だった世界都市博覧会については、中止反対の立場だった。理由には「参加予定だった世界各国の信頼を傷付けかねない」「尽力してきた関係者、ボランティアとして参加予定だった皆さんに申し開きが付かない」「会場跡地を、災害に備えて備蓄施設に再利用出来るはずとその活用法に期待していた」と言うことを挙げていた[26]
過去の経歴や、その口の悪さのために、知名度が高く政治家歴が長かったものの、国務大臣に就くことはなかった。四十日抗争の後に、大平正芳から入閣を打診され、一度は受諾し、閣僚認証式に着ていくための礼服とエナメルの革靴も準備していた。そのことを田中角栄に報告すると「そんなつまらないのやらずに内閣官房副長官をやれ。官房長官が死んだら格上げで内閣官房長官になれるぞ」と言われたため、田中が手配してくれるものと思って、先の閣僚ポストを断った。しかし田中は手配してくれておらず、浜田は閣僚ポストを逃すことになった。また安倍晋太郎からは「浜ちゃんを使えるのは俺しかいないから」「自分が首相になったら、国務大臣に登用する」と言われていたが、結局安倍は内閣総理大臣の地位を目前にして、この世を去ることになった。ただし浜田本人は「自分を使いこなせる総理大臣がなかなかいなかった」「もし大臣になっていたら、自民党はもっと早く潰れていただろう」と語っている。
最晩年は、たびたび私服姿で船橋駅周辺や、津田沼駅周辺をブラつく姿が目撃されていた。趣味として囲碁を嗜んでおり、津田沼囲碁クラブ[27]千葉工業大学向いのモリシアビルディング7F)の常連となっていた。
ブログTwitterに挑戦したり、iPhoneを購入するなど、最先端技術やトレンドに対する関心が強い[28]。自由民主党本部が、第22回参議院議員通常選挙立候補予定者を対象とした『ツイッター講座』を開催したと知ると、「あえて言おう、遅すぎる!!」[29]と苦言を呈し「すぐやれ!! みんなやれ!! なう!!」[29]と叱咤している。
読売新聞』の「編集手帳」で、その死を悼んで「独自の愛嬌と浪花節の男っぽさが親しまれもした。2人いれば迷惑だし、5人いたら組織がもたないが、1人もいないとそれでさびしい。そういうタイプの人」と、掲載された[30]
田中角栄にお金を貰ったことがある、という事実をテレビ放送で自ら発言し、はっきり認めていた。
金丸信の家にいつも下足番として鈴木宗男と居ており、左足を浜田が、右足を鈴木が金丸の靴を履かせていた[31]
モテ期|エステ|セルライト
血液型占い|現金|懸賞
ネットでお得にコンタクトレンズ購入
コンタクトレンズ・ケア用品豊富な取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(2.6.メディア出演)
[6]次ページ
(3.発言)

21. “政界の暴れん坊・浜田幸一氏 最期は静かに”. 日刊スポーツ (2012年8月6日). 2014年7月23日閲覧。
22. 『予言集』108-109ページ
23. 『予言集』219-220ページ
24. 『予言集』57-58ページ
25. 読売新聞2009年8月25日
26. 『予言集』80-83ページ
27. 津田沼囲碁公式ホームページ
28. 「『つぶやきは秘書のやったことです』――81歳『ハマコー』ツイッター大人気」『「つぶやきは秘書のやったことです」 81歳「ハマコー」ツイッター大人気 (1/2) : J-CASTニュース』ジェイ・キャスト、2010年(平成22年)2月9日。
29. 浜田幸一『Twitter / 浜田幸一: 先週、自民党次期参院選候補者対象に、第一回ツイッター ...』2010年2月9日。
30. 『読売新聞』2012年8月7日(火)朝刊
31. CGS「じっくり学ぼう!日本近現代史」第6部第1話 暗愚の帝王!鈴木善幸【CGS 倉山満】

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/07/29 04:00
ほくろ除去|浮気|四柱推命
結婚|相性占い|スピリチュアル
ソ人気記事ランキング
2017/08/18 更新
 1位731部隊
 2位日本航空123便墜落事故
 3位加藤紘一宅放火事件
 4位8月17日
 5位インパール作戦
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant